大人以上に気を付けたい!子どもの熱中症予防とは?
19views

大人以上に気を付けたい!子どもの熱中症予防とは?

子供は大人以上に熱中症になりやすいのです。どうして子どもは熱中症になりやすいのでしょうか。子どもの熱中症も大人と同様に予防することが大切です。そこで、子どもの熱中症予防と熱中症対策について調べました。特に、これからの時期は知っておきたいですね。

なぜ子供は熱中症になりやすい?

なぜ子供は熱中症になりやすい?

年々温暖化などによって、気温が上昇してきています。そのせいもあり、最近は夏近くなると熱中症のニュースをよく耳にするでしょう。

子供は、高齢者とともに大人と比べて熱中症になりやすいとよく言われています。その理由、そしてそこを踏まえたうえで子どもの熱中症予防について調べていきましょう。

照り返しのダメージを受けやすい

照り返しのダメージを受けやすい

大人と比べて体が小さい子供は、炎天下で外に歩いていても、大人以上に地面からの照り返しの影響を受けやすくなっています。

最近では、アスファルトなどで舗装されている歩道が多くなっています。そのせいもあり、直接顔や体に受ける照り返しの熱を受けやすい状態となってしまいます。

温度調節の機能がまだ未発達

温度調節の機能がまだ未発達

暑くなると体を冷やすために汗をかくなどの温度調節する機能を人間は備えています。これは子供も大人も同じ機能があります。

ただし、大人と比べて、子供はこの機能がまだまだきちんと機能していないこともあります。特に、外気温が体の表面の温度よりも高くなってしまうと、本来は逃さなければならない熱を体内にため込んでしまうこともあります。

体内の水分の割合が多い

体内の水分の割合が多い

子供の体は、大人に比べて水分の割合が高くなっています。つまり、汗をかきやすい一方で、その汗で体外に出された水分を補給しないとすぐに脱水症状になってしまうのです。

こまめな水分補給をしない

water-830374_640 スポーツドリンク 水分補給 熱中症予防

のどが渇くから水分を欲しるけれど、のどが渇いてもいないのに、こまめな水分補給を子供が自主的にすることはあまりありません。

さらに、子供によくあることですが、遊びに熱中してしまうと、自分がのどが渇いた、トイレに行きたい、などという生理現象さえも気が付かないケースもあります。子供はこまめな水分を摂らないがために、脱水症状を起こしやすく、熱中症になりやすくなってしまいます。

予防しよう!熱中症

熱中症は、脱水症状によってけいれんやめまい、嘔吐などが起こります。ひどいケースであれば、死亡するケースもあります。ですから、そういう症状が現れる前に、熱中症を予防することが大切です。きちんと気を付けていれば、熱中症は予防することができるのです。

こまめな水分補給をすること!

こまめな水分補給をすること!

熱中症の予防において、最も大切なのがこまめな水分補給です。一度にたくさん飲ませるのではなく、少量の水分をこまめに補給させてあげることがポイントです。水分を補給することで、体温を低くすることができます。

こまめな汗ふきは無用

汗をかくとあせもになるから、あるいは汗でびっしょりになって・・・と一緒にいるとこまめに汗を拭いてあげる親も多いのではないでしょうか。

実は、熱中症を予防するためには、汗も重要なポイントなのです。

この汗が肌についていることで、体を冷やしてくれます。よく汗をかくと体が冷えるというのは、このことですね。つまり、熱中症において、体温上昇も気を付けなければなりません。その点において、汗をこまめに拭いてしまうと、本来熱を下げるために体から出てきた汗の役割を防いでしまうことになってしまいます。

通気性の良い洋服の選択

通気性の良い洋服の選択

体温を逃がすためには、通気性も大切です。ですから、子供が着る洋服もできる限り通気性の良いものを選びましょう。洋服内に暑さがこもることは、子供にとって良くないことです。

PR