赤ちゃんのお尻を守ってあげよう。おむつかぶれの症状と治し方について。
49views

赤ちゃんのお尻を守ってあげよう。おむつかぶれの症状と治し方について。

赤ちゃんの皮膚は、やわらかくてとても敏感。そんな赤ちゃんのお尻が、おむつかぶれで痛そうになってしまったらかわいそうですね。赤ちゃんが、気持ちよくご機嫌で過ごすことができるように、おむつかぶれの症状と治し方、そしておむつかぶれの予防法について紹介します。

赤ちゃんのお肌はとても敏感。

赤ちゃんのお肌は、うらやましくなるくらいスベスベとなめらかで、思わず頬ずりしたくなってしまいますね。

赤ちゃんのお肌が、こんなにキレイなのは、お母さんのおなかの中でずっと守られてきたからなのです。生まれたばかりの赤ちゃんの皮膚の厚さは、大人と比べて半分ほどしかなく、水分量も皮脂量も少なく、バリア機能もまだまだ発達していません。

しかし、生まれてきたこの世界には、紫外線、乾燥、ほこりなどのお肌にダメージを与えるものにあふれていますから、トラブルが起きやすくなります。おむつかぶれも、赤ちゃんのお肌のトラブルの一つです。

赤ちゃんが、毎日気持ちよく過ごすことができるように、おむつかぶれから守ってあげたいものですね。

赤ちゃんのお肌はとても敏感

おむつかぶれの症状と治し方を知っておこう。

本当におむつかぶれ?

本当におむつかぶれ?

赤ちゃんが、おむつを替えるときにお尻を拭くと痛そうに泣いたり、お風呂に入れてあげたとき、お尻にお湯がかかると痛がったり、おむつをはずしたときに、かゆそうにして手をお尻に持っていったりしたら、おむつかぶれかもしれません。

おむつが当たっているところに、ポツポツと赤い点々ができていたり、もっとひどくなると、皮膚全体が赤くなったり、皮がめくれたようになることもあります。

おむつかぶれの原因となるのは、おしっこに含まれるアンモニアやうんちに含まれる腸内細菌や酵素が触れること、おしっこや汗などでおむつの中がムレること、またおむつが当たっていること自体が刺激になっていることなどがあります。

さらに、ムレたおむつの中で繁殖したカビによって皮膚炎を起こすこともあります。おむつが当たっていないしわの部分まで皮膚炎を起こして赤くなっているようでしたら、カンジダというカビによる皮膚炎かもしれません。

おむつかぶれの治し方。

おむつかぶれの治し方

おむつかぶれを治すのに大切なのは、とにかく清潔と乾燥です。

おしっこやうんちがついたまま、おむつの中がムレているのでは、おむつかぶれは治りません。おむつをこまめにチェックして、おしっこだけでもおむつを替えるようにしましょう。

できれば、拭くよりもおむつ替えのたびにお尻をぬるま湯で洗ってあげると、とても効果的です。おむつかぶれで、皮がめくれたようになっていたら、病院で診てもらい、薬を処方してもらったほうがいいでしょう。

とにかく清潔と乾燥

おむつかぶれにならないために。

おむつかぶれになると、赤ちゃんはご機嫌が悪くなりますから、お母さんも大変です。

できるだけおむつかぶれにならないように、普段からおむつはこまめに取り換えるようにしましょう。お尻を洗ってあげることができないときは、お尻を拭いてあげますが、アルコール入りのお尻ふきは、皮膚に刺激が強いために使わないようにします。

また、下痢などでうんちがゆるいときには、特におむつかぶれになりやすいですから、普段以上に気を付けてあげることが大切です。さらに、おむつ替えのたびに、お尻にワセリンやオイルなどを薄く塗ってあげると、摩擦や刺激からお肌を守ってくれますから、おむつかぶれになりにくくなります。

おむつかぶれを防ぐためには、布おむつと紙おむつ、どちらを選んだほうが良いのかについては、いろいろな説があります。肌触りは布おむつのほうがいいものの、吸収力は紙おむつのほうが優れているといわれていますから、使いやすいほうを選ぶといいでしょう。

どちらを選んだとしても、大切なのは、こまめにおむつを替えることです。おむつかぶれは、毎日ちょっと気を付けることで、予防できるものですから、赤ちゃんがおむつかぶれにならないようにしてあげたいですね。

大切なのは、こまめにおむつを替えること

PR