いつの間にかあなたもなっているかも!?育児ノイローゼの治療と基礎知識
16views

いつの間にかあなたもなっているかも!?育児ノイローゼの治療と基礎知識

育児ノイローゼって聞いたことありますか?子供をこれからもとうと思っている方、これからの育児をどうしていくのか決める方には必ず知っておいてほしいことです。子供と一緒にいる時間が長いお母さんは特に育児ノイローゼには気をつけなければいけません。そこで育児ノイローゼの治療や基礎知識などについてまとめました。

育児ノイローゼの治療の前に知っておきたい!

育児は出産よりも辛いと感じる女性の方がもしかしたらいるかもしれません。

出産は子供が生まれてきてくれれば痛みは治まりますが、育児はそうはいかないですよね。せっかく生まれてきても育児に疲れて心に負担を抱えてしまう方も少なくありません。今回は育児ノイローゼについてまとめました。

そもそも育児ノイローゼって何なの?

そもそも育児ノイローゼって何なの?

育児ノイローゼというのは簡単に言うと産後になるうつ病のようなものです。

やる気が出なくなってしまったり、イライラしてしまったり、不眠になったりと精神的にも身体的にも悪い症状があらわれてしまう心の病気です。育児ノイローゼに母親がなってしまうと、子供との愛着の形成にも悪い影響がおよび、子供の将来の対人関係の困難さにつながることも考えられています。そのため、産後の親の心のケアはとても重要です。

特に子供と一対一でいる時間の長い母親のケアは重要です。

育児ノイローゼになってしまう原因とは?

育児ノイローゼになってしまう原因とは?

育児ノイローゼの原因にはいろいろなものが考えられます。

1つはホルモンバランスの乱れからくるもので、これは産後、妊娠中に大量に分泌されていたホルモンの分泌が止まることでバランスが崩れ生理前のような不安定な状態になるというものです。

他の原因としては、母親自身の性格によるものがあります。完璧主義で真面目な性格の方だと、思った通りにならない子供の行動や毎日の予定が狂うことにイライラしてストレスをためてしまうかもしれません。

他にも、父親が育児に参加しないことや、周りに相談できる人や共感してくれる人がいないということもノイローゼに繋がります。

もしも育児ノイローゼにならないためには?

家の中にずっといるのは避けましょう!

家の中にずっといるのは避けましょう!

小さい赤ちゃんを連れて遠出をするのは良くありませんが、ちょっとした散歩などには頻繁に行くべきです。

毎日家の中に引きこもって毎日同じことを繰り返していると普通の人でも退屈で頭がおかしくなってしまいます。日の光を浴びてリフレッシュタイムを作ることが大切です。

旦那さんに協力してもらおう!

旦那さんに協力してもらおう!

育児は母親ひとりで行うものではありません。

休日は旦那さんに子供を預けてどこかに行っても良いですし、買い物をしたり、友達と会ったりしてストレス発散をするのがオススメです。また、日頃から家事の分担を決めておき、母親ひとりに負担が集中しないようにするのも良いです。

自分を責めずに、困ったら相談する!

自分を責めずに、困ったら相談する!

Talk / matusfi https://www.flickr.com/photos/matusfi/6810854382/

子育てに完璧はありません!失敗をしてもいいんです!

のんびり自分のペースで自分なりに子供と付き合っていけばきっと良い子に育ってくれます。自分の育児に不安を感じたり、わからないことがあったりするときに理解してくれたり相談に乗ってくれたりしてくれるママ友や、自分の母親などいつでも気軽に相談できる人を見つけておくことも大切です。地域交流の場や、母親同士の交流の場などに積極的参加していくのがオススメです。

育児ノイローゼになってしまったら?

精神科やカウンセラーのところに行って話を聞いてもらいましょう。専門家に相談をすると、クライエント一人一人に合わせた治療法を提案してくれます。おかしいなと思ったらすぐに対処するようにしましょう。

PR