もしかして?と思ったら・・子どものアレルギーの原因を突き止めよう!
35views

もしかして?と思ったら・・子どものアレルギーの原因を突き止めよう!

最近、スーパーの試食コーナーでも「アレルギーはありませんか」と聞かれることもあり、アレルギーのある人が増えてきているようです。アレルギーを予防するには、原因を知ることが一番大切です。ここでは、子どものアレルギーの原因を紹介します。アレルギーの原因を知って、嫌な症状から子どもを守りましょうね。

アレルギーっていったい何??

免疫が過剰に働いてしまうと起こる!

アレルギーは、人の体に備わっている免疫機能が過剰に働いて、食べ物やほこり、花粉など、体に害のないものに理由もなく反応してしまい、かえって、体に害を起こしてしまうことを言います。

これがアレルギー症状が起こる仕組みです。

アレルギーは、体に入ってきた異物に対して、抗体を作り出し、この抗体が目や鼻、肺などの粘膜にある「肥満細胞」に結合し、体の中に埋め込まれます。そして、その異物が再び体に入ると、その異物に反応して、痒みや咳などの様々なアレルギー症状を引き起こしてしまいます。

免疫が過剰に働いてしまうと起こる!

アレルギーは遺伝する!

実は、アレルギーを起こしやすいお子さんと言うのは、親から遺伝する場合が多いです。また、家族や親族の中にアレルギーの方が多いと、アレルギーになりやすいと言われています。

アレルギーは遺伝する!

アレルギーの症状は??

体がアレルギー反応を起こすと、喉のかゆみや唇の腫れ、目のかゆみや充血、涙目などの症状があります。また、ゼイゼイ・ヒューヒューというような呼吸困難、咳、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど呼吸器系の異常が現れます。その他にも、皮膚の乾燥や痒み、蕁麻疹や湿疹、腹痛や嘔吐、下痢、便秘が現れることもあります。どれも、辛い症状ですよね。

アレルギーの症状は??

アレルギーの原因は??

子どものアレルギーの原因は色々あります。ここでは、代表的な原因を見ていきましょう。

食物が原因

食物アレルギーの代表的なものとしては、卵や乳製品、小麦などが代表的なものですが、その他にも、魚やピーナッツ、イクラや果物などのアレルギーも増加しています。

食物が原因

ほこりやダニなどが原因

家庭内に普通にあるほこりやダニ、花粉、昆虫、動物の毛やフケなどを吸い込んだり、触ったりするだけで、アレルギー症状を引き起こすこともあります。

ほこりやダニなどが原因

アレルギーの原因は、人によって色々あります。悲しいことに、一人が様々なアレルギーの原因を持つこともありますよ。

アレルギーの原因を調べるには??

血液検査を受けよう

アレルギーの原因を特定するには、まず、病院で採血をし、特異的IgE抗体の検査を受けましょう。少量の採血で、数種類のアレルギーの原因を調べることができますよ。体に負担が少ない検査なので、小さなお子様も簡単に検査することが可能です。

もし、疑われる原因が分かっているのであれば、この検査で原因が確定できます。また、症状と因果関係がはっきりしていない時は、この検査結果を参考にして、詳しい検査へ進めていきます。

血液検査を受けよう

アレルギーにならない子どもにするには?

神経質になり過ぎない

アレルギーを持っている子どもは、最近増えてきていると言われていますが、大人になれば、約半分の割合で治ってしまいます。あまり神経質になり過ぎてしまうと、親にとっても子どもにとっても良くありません。従って、様々な雑菌に触れながら、体を強くして、免疫力を鍛えていくようにしましょう。

神経質になり過ぎない

赤ちゃんや子どもにとって、一番の栄養はママの笑顔です。もし、アレルギーが出てきて心配になっても、無理のない範囲で対策をするようにし、いつも笑顔で接するようにして下さいね。また、できれば、環境問題にも少し考えるようにしましょう。

PR