泣かない赤ちゃんって何か問題があるの?いろいろな可能性があります。
91views

泣かない赤ちゃんって何か問題があるの?いろいろな可能性があります。

泣かない赤ちゃんは手がかからなくてよさそうと思っていてはいけません。もともとその子の個性であまり泣かない場合もありますが、いろいろな可能性が考えられます。黄疸症状が出ている場合は体力がなくあまり泣かない場合や、発達障害の可能性、サイレントベビーの可能性も考えられます。

泣かない赤ちゃん!心配になりますよね。

赤ちゃんって一日泣いているものじゃないの?

 

赤ちゃんって一日泣いているものじゃないの?

赤ちゃんと言えば、よく泣くものだというイメージがあるのではないでしょうか。

あまり泣かない赤ちゃんの場合だと、発達面でママは心配になってしまうこともあるかもしれません。そこで、泣かない赤ちゃんについてどのような可能性が考えられるかをまとめてみました。

保育状態がよい場合は心配はいりません

 

保育状態がよい場合は心配はいりません

赤ちゃんが泣くには、身体の機能が正常であることが必要です。身体の肺や声帯の機能に問題がないことが必要不可欠です。

またお腹が空いた時や、おむつが濡れた時、さみしくなった時や、不快な思いをしたときなどに、生理的要求や、精神的なさみしさによって泣くことがほとんどでしょう。ほとんどの赤ちゃんが一日中、元気よく泣き続けているわけですが、何割かは泣かない赤ちゃんもいます。

身長も体重も母子手帳の成長グラフのラインからはみ出ず、保育状態もよければ、泣かない赤ちゃんでも問題はありません。もともとそうした性質の赤ちゃんだったと考えましょう。

手はかかりませんが愛情は目一杯かけてあげましょう

 

手はかかりませんが愛情は目一杯かけてあげましょう

泣かない赤ちゃんの対処方法は、手があまりかからないので、他の赤ちゃんと比べると、あまり構ってもらえない傾向があります。泣かない赤ちゃんは特に、愛情を目一杯かけて育てましょう。赤ちゃんを胸に抱いたり、目や顔の表情を見て、笑いかけたりしてスキンシップをたくさん取ってあげましょう。

ほったらかしにするとサイレントベビーに!?

育て方に問題がある場合も!

 

育て方に問題がある場合も!

育て方に問題があると、泣かない赤ちゃん=サイレントベビーになってしまう可能性があります。

家事や仕事などで忙しく、赤ちゃんが泣いたりしていても抱いてあやしたりすることはなく、テレビの前などに置きっぱなしにして育てていると、やがて赤ちゃん自身も自分から泣いたりして、周囲の人間とコミニケーションを取ることをやめてしまいます。するとだんだん表情もなくなり、泣くことも、笑うこともやめてしまいます。

生後一年間は、赤ちゃんにとって肉体的にも精神的にも大きな成長を遂げるときです。大切な時期だからこそ、ママはどんどん赤ちゃんと触れあいましょう。

黄疸がある場合は体力不足で泣かないことも

出産後、自宅での保育が始まります。黄疸のある赤ちゃんの場合だと、体力があまりないため、寝ている時間も多く、あまり泣かないこともあります。授乳はしっかりと十分な量を与えて、十分な栄養をつけさせてあげる必要があります。定期健診は必ず受け、赤ちゃんの発育状態をしっかりと見守り続けましょう。

発達障害の可能性も考えられます

泣かない赤ちゃんの特徴として、発達障害の可能性も考えられます。

赤ちゃんの時期は、まだ発達障害かどうかを判断する方法はなく、二、三歳ぐらいに初めて病院で診断されることもあります。発達障害の場合、おむつが濡れても、お腹が空いてもほとんど泣かないため、ママが様子を見ながら赤ちゃんのお世話をしてあげる必要があります。

他の赤ちゃんと比べると、さみしくなって泣くことはあまりなく、ママを目で追ったり、ママの姿が見えなくなると泣くといったこともあまりありません。

PR