月齢6カ月目から受けられる赤ちゃんのインフルエンザ予防!
35views

月齢6カ月目から受けられる赤ちゃんのインフルエンザ予防!

赤ちゃんのインフルエンザ予防は月齢6カ月目からワクチン接種を受けることができます。任意接種ですが、保育園など集団生活をしている赤ちゃんや、兄弟がいる場合は、感染しやすいので予防接種をしておいた方が無難です。赤ちゃんの場合、抗体がないため、ワクチンを2度接種する必要があります。

赤ちゃんのインフルエンザ予防はどうすればいいの?

赤ちゃんのインフルエンザ予防は月齢6カ月目から

赤ちゃんのインフルエンザ予防は月齢6カ月目から

赤ちゃんのインフルエンザ予防は月齢6カ月目からインフルエンザのワクチン接種を受けることができます。

外出が多い赤ちゃんや、保育園など集団生活をしている赤ちゃんは受けておいた方が症状が酷くならないので、安心です。また上のお子さんが幼稚園や小学校などに通っている場合には、上の子が感染した場合、同じ家庭で生活をしている赤ちゃんにも感染しやすくなるため、兄弟一緒に予防接種を受けておいた方がよいでしょう。

ワクチンの効果があるのは一年間だけです

ワクチンの効果があるのは一年間だけです

インフルエンザワクチンの効果は、ワンシーズンしか持ちません。そのため、予防接種は毎年、受けておく必要があります。

赤ちゃんは2回摂取しなければ抗体ができません

これまで一度も、インフルエンザに感染したことがない赤ちゃんは、ワクチンを2回接種する必要があります。その理由は、大人の場合だとすでにウィルスとの接触が過去にあるため、身体の中に抗体が出来ていますが、生まれたばかりの赤ちゃんには、その抗体がありません。そのため、一度だけの摂取ではワクチンの効果が十分に得られないので、2回接種する必要があるのです。

インフルエンザワクチンは11月に!

流行の4週前に打っておくことがポイントです

流行の4週前に打っておくことがポイントです

赤ちゃんのインフルエンザ予防はインフルエンザが流行する4週前の時期に打っておくことが大切です。

流行は12月の中旬から1月の時期です。この時期にせっかくワクチンを打っても、ワクチンを打つ前にすでに感染してしまっていたという可能性もあるので、気をつける必要があります。2回接種する必要がある赤ちゃんは、11月の上旬に1回目のワクチンを接種し、1週間から4週間の間隔を開けて、2回目のワクチンを接種するとよいでしょう。

予防接種スケジュールはホームドクターと相談

予防接種スケジュールはホームドクターと相談

1歳までにはインフルエンザ以外にもたくさんの予防接種をうけなければなりません。かかりつけの病院に通っている方は、ホームドクターと相談しながら、予防接種スケジュールを決めていくとよいでしょう。

気をつけたいのは、インフルエンザワクチンは、卵アレルギーの方が打つとアレルギー反応やショック症状が起こることもあるので、アレルギーがあるお子さんは、打たない方がよいかもしれません。

生後半年の時期は、離乳食がそろそろ始まる時期でもあります。念のためにインフルエンザの予防接種は、かかりつけの病院で行い、接種後は30分間、病院の待合室で過ごすようにしましょう。お子様に異変がないかどうか気をつける必要があります。

インフルエンザ流行シーズンは外出を控えよう

インフルエンザ流行シーズンは外出を控えよう

インフルエンザが流行する12月から1月は、できるだけ人混みを避ける必要があります。ショッピングセンターやデパートなど、人で混雑する繁華街などはできるだけ避けて、家の中でゆっくりと過ごすようにしましょう。

家族でうがいと手洗いを徹底化させましょう

家族でうがいと手洗いを徹底化させることによって、家庭の中での感染を防ぐことができます。うがいができない赤ちゃんには、番茶などのお茶を赤ちゃん用のマグで飲ませると、喉が潤うことで、ウィルスの働きを低下させる効果があります。また赤ちゃんの場合は、外出から帰ってきたら、すぐにお風呂に入ると、ウィルス対策ができます。

PR