赤ちゃんの呼吸がおかしいときにはすぐに病院へ
41views

赤ちゃんの呼吸がおかしいときにはすぐに病院へ

赤ちゃんの呼吸がおかしいときは、このくらい大丈夫だと過信せずに病院を受診しましょう。呼吸障害には、先天的なものと、ウィルスなどに感染して起こる場合や、喘息などがあります。また冬の時期には、ウィルスが喉に付着しクループという喉の炎症にかかりやすくなります。呼吸が犬の遠吠えのようになるのが特徴です。

赤ちゃんの呼吸がおかしいときは病院を受診

自己判断は禁物です

 自己判断は禁物です

赤ちゃんの呼吸がおかしいときは、このくらいは大丈夫だろうと自己判断せずにすぐに病院を受診しましょう。赤ちゃんの場合、身体に何らかの異変があっても、それをうまく伝えることはできませんので、すぐそばにいる大人がいち早く気がついてあげる必要があります。

急に咳込み始めた時

急に咳込み始めた時

寝ている赤ちゃんが急に咳込み始めた時は、気道に異物が入った可能性があります。また風邪を引いた時には鼻水が詰まって、呼吸が苦しくなる場合もあります。ウィルスが流行するシーズン中に感染すると、高熱が出て呼吸困難になることもあります。

気管部分に炎症が起こり、腫れてしまうことにより、空気の通り道が狭くなり、犬の遠吠えのような呼吸音がすることがあります。こうした場合は、呼吸が楽になるように、部屋を加湿するとよいでしょう。加湿器があればよいのですが、ない場合には、バスタオルを濡らし、部屋に干しておくだけでもよいでしょう。

乳児喘息の場合

2歳未満の赤ちゃんがかかる喘息

2歳未満の赤ちゃんがかかる喘息

赤ちゃんの呼吸がおかしい症状の中には乳児喘息が原因のものがあります。この乳児喘息は医師でも診断が難しく、気管支炎や風邪が原因だと誤診されやすい病気でもあります。

そのため、いつも側にいるママが子供の症状について気を配っている必要があります。乳児喘息である場合は、一週間以上もの間、頻繁に、ヒューヒューとした喘鳴があった場合は、乳児喘息の可能性が高くなります。発作が起こった場合は、軽いものであれば、安静にしておくと、呼吸が次第に落ちついてきます。

しかし、激しい咳込みがあり、呼吸が苦しい場合には、病院を受診し、気管を拡張する薬を処方してもらうか、薬の吸引治療を病院で行ってもらう必要があります。発作の程度が激しい場合には、入院する必要も出てきます。

呼吸障害の種類について

他呼吸の場合

一分間に60回以上の呼吸がある場合には、他呼吸の可能性があります。

呻吟の場合

呼吸をするときに、声を一緒に出しながら呼吸をします。うめき声のようなうなり声のようなものをあげながら呼吸をしている状態です。声門が閉じている状態で、空気を吸う際に、肺の中にできるだけ空気をためこもうとする防衛本能がはたらくことによって、声帯の中を空気が早く通り抜けることによってうなり声がでてきます。

シーソー呼吸

シーソー呼吸は、肺の容量が小さいことが原因で、呼吸をする際に胸が上がり、お腹が下がる状態になり、まるでシーソーのように呼吸を繰り返している状態のことを現わします。

呼吸が異常だと思う場合は専門の医療機関へ

呼吸障害がある場合は、先天的な問題などもあるため、大学病院などの医療機関を受診して治療を行う必要があります。

月齢が低いうちは人混みを避けましょう

月齢が低いうちは人混みを避けましょう

秋から冬の時期にかけては、なるべく赤ちゃんを連れてショッピングセンターなど人の多い場所へ出かけるのは止めましょう。それはウィルスに感染するとクループという喉の炎症を伴う病気になりやすいからです。発熱や鼻水、喉の痛みなどがあり、犬が吠えるような呼吸になりやすいからです。

症状が酷くなると、呼吸困難になってしまうため、症状に気がついたら、早めに病院を受診しましょう。症状が酷い場合には、人工呼吸治療を行う場合もあります。

PR