初ママを悩ませる赤ちゃんのデリケートゾーンの洗い方
52views

初ママを悩ませる赤ちゃんのデリケートゾーンの洗い方

赤ちゃんのデリケートゾーンは初めてママにとっては、どう洗ったらよいのか迷ってしまう部分でもあります。デリケートゾーンは、粘膜でできているため、あまり刺激を与えないように洗うのがポイントです。男の子のデリケートゾーンは複雑で、洗うのが難しいですが、だんだん慣れて上手に洗えるようになります。

赤ちゃんのデリケートゾーンはどうやって洗うの?

初ママを悩ませる赤ちゃんの入浴

初ママを悩ませる赤ちゃんの入浴

初ママにとって赤ちゃんのデリケートゾーンはどのように洗ったらいいのか、さっぱりわからないという方もいるのではないでしょうか。同性である女の子の場合は、なんとなくサッと洗っているママもいるのではないでしょうか。問題なのは、異性でもある男の子の場合です。

女の子の場合の洗い方

女の子の場合の洗い方

女の子の赤ちゃんのデリケートゾーンは、生まれた時に股の割れ目のところに白いものがついている場合があります。実はこの白い物の正体は胎脂です。

綺麗に石鹸でこすって洗い流した方がよいのかと迷いますが、この胎脂は無理に取らなくても大丈夫です。自然に少しずつ胎脂が落ちていくので自然にまかせておきましょう。

女の子のデリケートゾーンは、石鹸を使うよりも、お湯でよく洗い流して洗うようにしましょう。割れ目部分は、粘膜であるため、石鹸を使うと刺激してしまい、炎症してしまうこともあります。また中の方は粘膜が自然に洗浄してくれるので、お湯をかける程度でよいでしょう。

ウンチで汚れている場合は

石鹸でこすり洗いをすると、うんちの成分と石鹸の成分で炎症をおこしてしまうので、襞の部分に入り込んでしまった時は、洗面器にお湯を張り、お尻をつけて洗うか、ガーゼなどでやさしく拭きとりましょう。

男の子の場合の洗い方

男の子の場合の洗い方

難しくて頭を悩ませてしまうのが初の男の子の赤ちゃんの洗い方ではないでしょうか。

男の子の赤ちゃんのデリケートゾーンはおしっこが皮膚についてそのままになっていると、肌が荒れおむつかぶれの原因となっています。また性器部分も複雑な構造となっているので、尿道にバイ菌などが入ってしまう危険性もあるので、きちんと洗ってあげることが大切です。

またウンチがついてしまうと、陰茎部分なども汚れてしまうため、新生児の頃は外出先では出来ませんが、自宅にいるときは、ウンチをするたびにシャワーで洗い流した方がおむつかぶれの心配はありません。

最初は難しいかもしれませんが、慣れれば大丈夫

最初は難しいかもしれませんが、慣れれば大丈夫

最初に陰茎の根元部分を手でつまみ、先端部分をお湯をかけて洗います。皮の部分もずらしながら洗います。汚れが酷い場合には、ベビー用の刺激の少ないボディソープを使うとよいでしょう。睾丸の後ろ部分や、シワの部分も洗います。男の子の場合は、陰茎部分は細菌が付きやすく、また繁殖しやすい場所でもあるので、こまめに洗うようにしましょう。

また月齢が低いうちは、ウンチもゆるめであるため、細かいシワの部分にウンチがこびりついてしまうこともあります。包皮の内側は粘膜であるため、あまり触らないようにして洗うのがポイントです。石鹸を使った場合には、かぶれないように石鹸をよく洗い流しておくことが大切です。

皮の部分はどうすればいいの?

男の子のデリケート部分は包皮という皮に包まれています。この部分は泡だてた石鹸で洗うだけで十分です。皮はむく必要はまったくありません。成長すると自然にむけます。あかちゃんのうちにむいてしまうと、皮が切れてデリケート部分を傷つける原因となります。

男の子のデリケートゾーンにトラブルがあれば病院へ

男の子のデリケートゾーンにトラブルがあれば病院へ

尿道は雑菌が侵入しやすい場所であるため、陰茎部分がはれたり、おしっこが出るたびに痛そうにしている場合は、泌尿器科を受診するようにしましょう。

PR