母乳で黄疸?母乳は悪いの?放っておいて良いの?母乳性黄疸とは
62views

母乳で黄疸?母乳は悪いの?放っておいて良いの?母乳性黄疸とは

新生児の黄疸は90%以上の赤ちゃんに現れるものですが、通常は1週間くらいで引きます。それ以上黄疸が長引くことを遷延性黄疸といい、一番多い原因が母乳性黄疸です。母乳で黄疸がおきるのはどうしてでしょうか。母乳は黄疸に良くないのでしょうか。また、対応や治療法はどうなるのかをまとめました。

新生児の黄疸はどうして起こるの?

新生児の黄疸はどうして起こるの?

新生児の生理的な黄疸は9割以上の赤ちゃんに起こります。

胎児は産まれた後よりも血液の多い状態です。多すぎる血液は生後不要となるため、出産後壊れます。血液が壊れるときにビリルビンという黄色い色素ができ、これが黄疸の原因となるのです。痣が治るときに黄色くなるのと同じ理由です。生理的な黄疸は生後2~3日目がピークで生後1週間ほどでなくなっていきます。

黄疸が引かないのは母乳が原因!?

母乳で黄疸が長引くことがあります。母乳を良く飲む赤ちゃんで、退院後数週間経っても黄疸が引かなかったり、1回引いた黄疸がまた出ることもあります。

黄疸が重いと脳性麻痺の危険性も

黄疸が重いと脳性麻痺の危険性も

黄疸の原因ビリルビンがあまりに多いと、これが脳に入って脳神経を破壊する核黄疸という病気に繋がることがあります。

元気がなくなり、おっぱいをあまり飲まなくなり、けいれんや脳性麻痺、死亡の原因となってしまうことがあるのです。

それでは母乳は危険なの!?

黄疸が心配なら、母乳は良くないのでしょうか。

そんなことはありません。

母乳性黄疸が原因であるなら黄疸が長引くもののまず心配はありません。母乳は新生児の栄養として一番適当ですし、原因が母乳で黄疸が起きている場合は、むしろおっぱいを良く飲みます。危険な核黄疸に進行することもまずありません。

母乳性黄疸は生後2~3ヶ月程度で自然に治っていきます。

母乳性黄疸の原因

母乳で黄疸が長引く理由は不明です。母乳に含まれるホルモンなどの成分が原因ではないかと言われています。

それでは母乳っ子の黄疸は心配ない!?

それでは母乳っ子の黄疸は心配ない!?

母乳性黄疸が心配ないなら、母乳っ子の長引く黄疸は放っておいても良いのでしょうか。

いけません。

生理的な黄疸は通常生後1週間くらいで消えます。それ以上黄疸が長引くことを遷延性黄疸といいます。遷延性黄疸で一番多いのが母乳性黄疸なのですが、母乳の赤ちゃんの遷延性黄疸が母乳性黄疸とは限りません。

遷延性黄疸の原因

遷延性黄疸の原因

遷延性黄疸の原因には母乳性黄疸の他に、お母さんと赤ちゃんの血液型不適合、溶血性の病気から来る黄疸や、哺乳不足による栄養失調、敗血症、感染症、肝臓の病気などさまざまな原因があります。

脳性麻痺や死亡につながる、核黄疸に移行することも少なくありません。

先天的な病気が原因となっていることもあるのです。

ですから、黄疸が強い場合や引かない場合、引いた黄疸が再び現れる場合は続けて病院に通い、検査や経過観察、場合によっては治療をすることが必要です。

母乳性黄疸の治療

母乳性黄疸の場合は、基本的に治療は必要ありません。そのまま母乳育児を続けて、2~3ヵ月後に自然に黄疸が引くのを待ちます。粉ミルクにすれば黄疸は早く良くなるのですが、赤ちゃんの栄養は母乳が一番です。母乳性黄疸でしたらそのまま母乳育児を続けることをお勧めします。

ビリルビン値を測定して黄疸が強い場合は、光線療法などを行います。赤ちゃんに保護眼鏡をかけさせ、グリーンライトを当てる治療法です。光によってビリルビンが分解され、尿から排泄されます。

光治療の効果がない場合は、交換輸血を行うこともあります。

PR