どうして発症するの?帯状疱疹の原因を知ろう
87views

どうして発症するの?帯状疱疹の原因を知ろう

突然、痛みを伴うたくさんの水疱が帯状に現れ始めたら要注意です!帯状疱疹の可能性があります。帯状疱疹は年齢に関係なく過去に水疱瘡を罹患している人ならだれにでも発症の可能性がある感染症です。帯状疱疹の症状を軽減させるためには早期の治療が必要です。帯状疱疹の原因や診断方法や治療法についてまとめています。

子供の帯状疱疹の原因を知ろう

子供の帯状疱疹の原因を知ろう

帯状疱疹とは、名前の通り皮膚に帯状の疱疹が発生する感染症の一つ。

一般的に、抵抗力や免疫力の低下した高齢者に多い病気として認知されていることが多いのですが、過去に水疱瘡を経験している人ならば誰にでも発症の可能性があり子供が帯状疱疹を発症する可能性も0ではありません。

帯状疱疹は水ぶくれのような発赤を伴う疱疹がたくさん現れるため、とびひなどほかの皮膚病と診断されることも多い病気です。

また、大人になって発症する帯状疱疹と子供に発生する帯状疱疹は少し原因が異なります。

ここでは子供の帯状疱疹の原因や治療法についてお話ししたいと思います。

帯状疱疹の原因

帯状疱疹の原因は、帯状疱疹ウイルスによる感染によっておこります。

帯状疱疹を引き起こす原因となるウイルスは、“水疱ウイルス”と同じものですが外部からの感染によって発症するものではありません。

一般的に帯状疱疹は過去に一度、水疱瘡に罹患したひとに現れる症状です。水疱瘡を引き起こす水疱ウイルスは、一度感染すると治癒後も“知覚神経”を通り脊髄後根神経に伝わり潜伏します。この水疱ウイルスは、健康な身体には影響を与えることはなく息をひそめじっと潜んでいます。

しかし、加齢による体力の衰えや抵抗力の低下、ストレスによる心身の消耗などにより免疫力が弱まることで再び活性化を始めます。そうして、体内が水疱ウイルスに感染することで皮膚上に水疱が形成され帯状疱疹となります。

帯状疱疹の特徴

帯状疱疹の特徴はその現れ方にあります。

帯状疱疹はじんましんなどとは異なり、身体の左右どちらかに偏って現れます。例えば、右側に現れる場合だと右胸部から始まり右脇腹、頭の右側、顔の右半分というように身体のどちらか片側にひろがっていきます。また、水疱が帯状に連なって発生する理由は、ウイルスが潜伏していた神経に沿って増殖するためです。

子供の帯状疱疹

子供の帯状疱疹

子供の帯状疱疹も基本的な原因は大人と変わらず水疱ウイルスによるものですが、帯状疱疹が現れる原因は少し異なる場合もあります。

上でも触れたように、水疱ウイルスは一度感染するとその後は神経の中に潜伏を開始するのですが、免疫力がまだ不十分な低年齢の子供が水疱瘡を発症した場合、完治後も原因となった水疱ウイルスが神経へうまく潜伏できず数年後に再び帯状疱疹の症状として皮膚状に現れることがあります。

しかし子供の帯状疱疹は発症しても大人より軽い症状で済むことがほとんどです。痛みや発熱をともなわないことも多く比較的完治も早いのが特徴です。

水疱瘡を発症していないのに帯状疱疹になる場合も

非常にまれではあるようですが、過去に水疱瘡を発症していない場合でも帯状疱疹の症状が現れることがあります。

妊娠中に母親が水疱ウイルスに感染した場合、胎内で胎児に感染しウイルスを持ったまま産まれてくることがあります。そのような場合、かなり低年齢の乳児期に帯状疱疹の発症がみられることがあるようです。

水疱瘡を発症していないのに帯状疱疹になる場合も

帯状疱疹の診断と治療法

帯状疱疹の診断は、基本的に医師の診察により病床部分の状態によって判断されます。特徴のある現れ方をするため、判断は比較的簡単です。

しかし、確定診断をするために血液検査やウイルス抗原検査などを行う場合もあります。

帯状疱疹の治療は、主に抗ウイルス薬を使用します。活性化した水疱ウイルスは時間の経過とともにどんどん増えていくので発疹が確認できたらなるべく早く皮膚科での診察をうけましょう。一般的に、水疱の確認から72時間以内を目安に抗ウイルス剤を使用することで水泡の増殖やそれに伴う痛みを緩和できるとされています。

PR