赤ちゃんに虫歯ってほんとうにできるの?症状や予防法について
14views

赤ちゃんに虫歯ってほんとうにできるの?症状や予防法について

赤ちゃんに虫歯ができる原因やその症状について知っておく必要があります。特に歯が生えてから離乳食になり食事の変化が起こると虫歯にもなりやすいので注意が必要です。症状や治療法について知っておき、乳歯が生え始めたらしっかりと予防しておきます

赤ちゃんに虫歯って本当にできるの?

赤ちゃんに虫歯って本当にできるの?

乳歯が生えてきたら、虫歯に気をつける必要があります。

赤ちゃんはあまりものを食べないですし、歯が黒くなるイメージがないので虫歯を起こさないと誤解している人もいますが、乳歯の虫歯は白っぽくなることが多いですので気づきません。

そして、赤ちゃんは大人と違って痛みを訴えることができませんので虫歯が知らないうちに進行してしまうことがあります。ですので、あらかじめしっかりと症状や原因を把握しておくことが必要です。

赤ちゃんの虫歯って親の遺伝なの?

赤ちゃんの虫歯が親の遺伝、そう思っている人は少なくありません。

ですが、生まれてきた赤ちゃんに親の虫歯が遺伝することはありません。

そもそも虫歯とは、細胞の感染により引き起こされる一種の感染症です。代表的な細菌としてはミュータンスレンサ球菌が知られています。これらの細菌が生産する「酸」によって歯のカルシウムが溶けてしまうことによって起こるのです。ものを食べる人は誰でも虫歯になりえます。

虫歯は遺伝はしませんが、生活習慣や食事が同じで虫歯になりやすい環境ですとその子供も虫歯になりやすいです。

虫歯菌は大人から感染する!?大人がやってはいけない生活習慣

虫歯菌は大人から感染する!?

生まれた赤ちゃんは、虫歯になる細菌を持たずに生まれてきます。母乳による免疫が切れた後、それが親の生活習慣によって赤ちゃんに感染してしまうことで虫歯が起こります。

たとえば、赤ちゃんに自分と同じ箸やスプーンでものをあげたり、口の中でかみ砕いてからものをあげることによって、虫歯になりやすい菌が侵入するのです。特に1歳半から2歳半の間は、乳歯の虫歯にかかりやすい時期といえます。食事などが変わってきますし、大人と同じものを食べることができるからです。

もちろん、大人の行動を注意することも必要ですが、周りにいる大人がしっかりと自分の口腔ケアをすることも重要なのです。

赤ちゃんの虫歯、どこにできやすい?どんな症状があるの?

乳歯の虫歯ができるところは、奥歯の歯と歯の間です。特に見た目にわかりにくいところですので進行して突然歯に穴があいたりしてしまいます。乳歯の虫歯は大人と違って黒くはありません。乳歯はやわらかいですので比較的早く進行する白い虫歯が多いのです。

そして、子どもは痛みを感じづらいので、穴が開いたりするまで気づかないこともあります。ですが、治療が難しいですので早めに気づいてやることが必要です。

赤ちゃんが虫歯にならないために気をつけること

 赤ちゃんが虫歯にならないために気をつけること

赤ちゃんの虫歯は、永久歯に比べて乳歯のエナメル質がやわらかいためすぐに進行し、そして虫歯を引き起こす細菌は口の中にあり続けるため永久歯が生えても虫歯になりやすくなります。

ですので、毎日の歯磨きでしっかりとケアをすること、よく噛んで唾液の分泌を促すような食事にすることも有効です。唾液の多い赤ちゃんは虫歯になりにくいというデータもあります。フッ素塗布をしたりおかしいと思ったらすぐに歯医者に行くことなどが必要です。

現在の日本では、乳歯の虫歯になったことがある人が3割以上に上るといわれています。虫歯にならないために毎日家族でケアしていくことが大切です。

PR