帯状の疱疹が特徴!子供が帯状疱疹にかかった場合に現れる症状
150views

帯状の疱疹が特徴!子供が帯状疱疹にかかった場合に現れる症状

名前の通り帯状に疱疹が現れる帯状疱疹。通常高齢者に多い病気として認知されることの多い感染症の一つですが抵抗力や免疫力の低い子供が発症することもあります。そんな子供が帯状疱疹にかかったときの症状や前兆についてまとめました。

子供が帯状疱疹にかかると現れる症状

子育てをしていくにあたって、一番の心配はやはり子供の病気や異常ではないでしょうか。

なかでも突然の高熱や、急に現れる発疹や疱疹はとても心配な症状ですよね。

そんな、子どもに現れる疱疹で“帯状疱疹”という症状知っていますか?

痛みやかゆみを伴う疱疹が急にたくさん帯状に連なるように現れる病気です。帯状疱疹は通常では高齢者に多い症状だと思われていますが時には子供が帯状疱疹を発症する可能性も考えられます。

帯状疱疹は子供には比較的珍しい症状ですが、気づかずに放置しておくとかゆみや痛みに悩まされることになります。子供が帯状疱疹にかかった時に現れる症状や前兆を知ることは、帯状疱疹に対する素早い判断や早期発見のためにとても大切です。

帯状疱疹って何?

帯状疱疹って何?

帯状疱疹は、水疱瘡(みずぼうそう)水疱瘡の原因となる水疱ウイルスが原因で引き起こされる感染症の一つ。

水疱ウイルスは、一度水疱瘡にかかり完治した場合でも神経が集中している脊髄後根神経節という神経の節に入り込んで静かに潜伏しています。潜伏しているウイルスは健康な状態だと悪さをすることはありませんが、体力の低下や抵抗力の低下、ストレスなどにより免疫力が弱まると再び活性化し複数の疱疹となって現れます。

子供の帯状疱疹の症状

多くの場合で帯状疱疹は身体の片側に集中して発生し、胸や背中を中心に頭、腰、顔、お尻などに見られます。

疱疹は、2㎜から3㎜程度の赤みを帯びた小さな水疱状のもので経過とともに黒っぽくかさぶたとなりやがて消滅します。
平均的な発症期間は、ウイルスの感染から完治まで1~2週間とされています。

通常、帯状疱疹は体力や抵抗力の衰えてきた高齢者に現れやすいとされている病気ですが、抵抗力や体力がまだ完全ではない子供にも現れることがあります。
しかし、子供の帯状疱疹は比較的軽いことがほとんどで大人のように悪化することはほとんどないのが特徴です。

帯状疱疹が現れる前兆

帯状疱疹が現れる前兆

帯状疱疹は、発症の前兆として高確率でチクチクとした痛みを伴います。

痛みが初めに現れる場所は背中や腰、脇腹などが多くときにズキンとした突き抜けるような痛みを伴うこともあります。そして、皮膚の痛みが現れると同時に風邪によく似た症状が現れることも。発熱や倦怠感、喉や脇を通るリンパ腺の腫れなどの症状から風邪と思い込む人も多いようです。

子供の帯状疱疹でも、基本的な症状は大人の場合と変わりませんが、子供の帯状疱疹は症状が軽く完治も早い傾向にあるので、痛みを感じなかったり発熱を伴わない場合も珍しくありません。

帯状疱疹ととびひの見分け方

低年齢の子供によくみられる皮膚トラブルの一つ“とびひ”。

とびひは虫刺されやおむつかぶれが細菌感染を起こすことで発症し、あっというまにたくさんの水ぶくれが身体のあちこちに広がります。

発疹の状態が帯状疱疹と似ているため間違われることも多いのですがとびひの場合かゆみが強く基本的には発熱を伴いません。とびひと帯状疱疹の見分けるには、水疱が発生している場所と痛みの有無をチェック!

疱疹が左右はあまり関係なく広がっていたり痛みを感じない場合はとびひ、痛みを伴う疱疹が身体の左右どちらか片方に帯状に連なって現れている場合高確率で帯状疱疹の可能性があります。

帯状疱疹ととびひの見分け方

子供の帯状疱疹はうつるの?

帯状疱疹としてうつることはありません。

しかし帯状疱疹の原因は潜伏していた水疱ウイルスです。つまり、まだ水疱ウイルスに未感染の人には“水疱瘡”として移る可能性があります。

まだ水疱瘡にかかっていない低年齢の子供はなるべく近づかないようにしましょう。また、水疱瘡にかかったことのない妊娠中の女性との接触にも十分注意が必要です。妊娠中に水疱瘡を発症すると胎児に影響が現れる可能性が高くなります。

また、通園や通学に関する判断は症状の程度や本人の状態によるので一概には言えないようです。自己判断はせずかならず医師による診察をうけ保育園や幼稚園などへ相談し、指示に従い判断しましょう。

PR