病院に行くタイミングは!?赤ちゃんの高熱のお話
22views

病院に行くタイミングは!?赤ちゃんの高熱のお話

お腹の中にいるときから、お母さんから免疫をもらって産まれてからも母乳から免疫をもらっているからといって、病気にならないとは限らない赤ちゃん。体温調節が発達していない赤ちゃんの高熱はどうやって対応したらいいのかをお話していきたいと思います。

赤ちゃんが発熱!お母さん、お父さん焦らないで。

赤ちゃんが発熱!お母さん、お父さん焦らないで。
妊婦検診の時や、母親学級の時に聞いたことがあるかもしれませんが、赤ちゃんが初めて熱を出すのは、生後6ヶ月の時。「突発性発疹」という病気です。これはどの赤ちゃんもやる病気です。初めての高熱を見てびっくりされるかと思いますが、焦らないで様子を見てください。

赤ちゃんにもよりますが、高熱が出たり、発疹が酷く出たり、そんなにひどくならなかったり…と十人十色です。初めての熱が出た時は、突発かな?と思っても良いかと思いますが、生後6ヶ月前に発熱した時は、十分注意してください。

赤ちゃんが熱を出したら、まずは安静にしてください。症状が熱のみの場合はそのまま様子を見てください。ぐったりしていたり、咳が出る場合は、病院へ連れて行きましょう。医師の指示を仰いでください。

その時、お子さんの様子を詳しく聞かれます。「ぐったりしているけど、おっぱいはしっかり飲んでいる。」「元気そうだけど、おっぱいは飲みたがらない」など詳しく説明してください。お子さんのことを一番わかっているのは親御さんです。熱が出てからのことをしっかり伝えましょう。

熱を出した時に冷やしていい場所ってどこ?

熱を出した時に冷やしていい場所ってどこ?
赤ちゃんの高熱ってすごく心配になりますよね。熱が出たら冷やしたくなるのがおでこですが、実はあまり効果は高くないのです。それに、おでこを冷やすのを嫌がるお子さんは多いです。高熱が出た場合は、濡らしたタオルを首の付け根やリンパの部分、脇の下にあてて冷やすと効果があります。脇の下に保冷剤を挟める用品も売っています。有効的に活用したいですね。

赤ちゃんは、体温調節機能が未熟です。あまり冷やし過ぎてしまうと急激に体温が下がってしまいます。様子を見ながら、調節していってください。

高熱の基準ってどこ?

高熱の基準ってどこ?

高熱といっても、どこからが高熱なのかわからないという方もいると思います。赤ちゃんの高熱は、37.5度以上を目安に考えてください。

ですが、元々平熱が高い赤ちゃん。平熱が37.0度ある赤ちゃんもいます。この場合、もう少し高い体温にならないと気付かないこともあります。なので、お子さんの平熱をしっかり知っていることが大切です。

病院に行くタイミングは?

病院に行くタイミングは?

熱の高さ、熱以外の症状を伴っているか、水分や食事は摂れているか、おしっこは出ているか。が重要なポイントになってきます。

38.0度の熱でも元気いっぱいでおっぱいも飲めているのであれば、緊急度はそれほど高くはありません。しかし、ぐったりしていたり、何も食べない、飲まない。飲んでいない場合や数時間おしっこが出ていない場合はすぐに病院へ連れて行ってください。赤ちゃんは脱水症状になりやすいです。

熱が低くても、意識がもうろうとしていたり、顔色が悪かったり、震えや腹痛などの症状があるときは、合併症を引き起こしている可能性もあります。

赤ちゃんは、急に熱が出たかと思えばあっという間に下がることもあります。心配であれば、無料の子供相談に電話をして今の子供の病気の症状を伝えて指示を仰いでも良いかもしれません。受診の時間であれば、かかりつけ医に連絡して指示をもらえれば親御さんも安心できるかと思います。とっても心配になりますが、焦らず落ち着いて行動できるといいですね。

PR