何色が安心で、何色が心配?「子供の便の色」について考える
27views

何色が安心で、何色が心配?「子供の便の色」について考える

慣れない育児の最中、乳幼児の時期に普段と異なる便の色が見えると心配になります。子供の便の色について、病気の心配のいらない便の色、病気を疑った方がいい便の色を知ることで、育児の不安を少しでも減らして、楽しい育児生活を送りましょう。

病気を疑った方がいい便の色

病気を疑った方がいい便の色とは?

まずは、どんな色の便があり、どういった心配があるのかを見ていきましょう。

黒色の便

黒い便が出ることもあります。これは血が混じっていることが原因かもしれません。原因はいくつか考えられますが、たとえば胃腸の問題や、授乳時の問題が挙げられます。

消化器官が異常を来して出血が起こると、便が黒くなってしまうことがあります。すぐに治るようであればそこまで大きな問題はありませんが、しばらく続く場合には、胃潰瘍といった胃腸の病気の可能性があるため、注意が必要です。

また、授乳時に乳首が切れていると、それを飲み込んだ赤ちゃんの便から血が出てしまうということもあります。これは、母親が気付いたらすぐに処置をするようにしましょう。

胃腸の病気だった場合には赤ちゃんが苦しい思いをすることになりますので、黒の便が長く出続けるようなら、早めに病院へ行くことをおすすめします。

白色の便

ずっと下痢が続いた場合には、白い便が出ることがあります。その原因は、胆汁の排出が間に合わないこと。便に色が付く前に体外に排せつされてしまうために、白の便が出てきてしまうというわけです。これは単純に、排せつが早く、色を付ける働きが追い付かなかっただけですので、そこまで大きな問題はありません。

ただし、下痢の症状はとくに見られないという状況で、薄い黄色っぽい便が出た場合には要注意です。この場合には、胆道閉鎖症やロタウイルス性急性胃腸炎と呼ばれる症状である可能性があります。こうした便が見られたら、病院へ行って先生に診てもらいましょう。

下痢が続いた場合には、白い便が出ることが

赤色の便

赤色の便は、肛門部分が切れているなどの理由で出血している場合に出ることがあります。

少ない場合にはそこまで問題はありませんが、異常なほど赤い場合には、腸重積という病気の可能性もあるため、病院で診てもらった方が安全でしょう。ねっとりとした感触の赤い便で、場合によっては嘔吐などの症状が出ることもあります。こういった症状が見られたら注意しましょう。

また、赤いものを食べた時に赤い便が出るのは、消化がしっかりとできていない証拠かもしれません。これは、病気ではないのでそこまで心配はいりませんが、食べさせてあげるものや、タイミングなども少し配慮してあげると良いでしょう。

どういった色の便の場合も、少量であればそこまで問題ないケースがありますが、明らかに色がおかしい、あるいは症状がなかなか改善されない、赤ちゃんが常に苦しそうにしている、といった場合には、なんらかの病気の可能性も高いため、病院へ行って診断してもらうようにしましょう。

病院に受診する際に

子供の便の色で心配な病気で、最も多いとも言われているのが胆道閉鎖症です。早期発見が大切で、便の色が重要なサインです。とくに、薄い黄色っぽい便が出たら、できるだけ早めに受診するようにしましょう。

母子健康手帳には「便色カード」がついているので、そちらも参考にすると良いかもしれません。1カ月健診までは、毎日子供の便の色を確認する習慣を付けると安心ですね。また、子供の便の色だけでなく、普段から下痢など便の状態を見ることも大切です。

心配な便の色が出ても心配ない例もありますので、気になる際は受診しましょう。

下記ような赤ちゃんの状態も一緒に見ることが大切です。
・食欲はあるか
・よく泣くなど、赤ちゃんが苦しんでいる様子はないか
・ウンチはいつもと同じ回数か

口で色の説明をするのは大変ですので、病院を受診する際には、便の状態が分かるオムツを袋に入れて密閉し持参することをお勧めします。

母子健康手帳には「便色カード」がついています

病気の心配のいらない便の色

病気の心配がないのは
・黄色の便
・茶色の便
・緑色の便
です。
ビリルビン(胆汁色素)が腸内・排泄後に酸化・変色した際に便の色が緑色になる場合がありますが、赤ちゃんの健康状態に心配はありません。

また、便に白いツブが混じる場合も、白いツブの正体は母乳の脂肪の塊ですので心配いりません。

PR