赤ちゃんにニキビなんてびっくり!アトピーじゃないの?
26views

赤ちゃんにニキビなんてびっくり!アトピーじゃないの?

生まれたての赤ちゃんにニキビができてびっくりするお母さんたちがいるようです。これって本当にニキビ?アトピー性皮膚炎じゃないかしら?と不安になる方もいるでしょう。赤ちゃんニキビの原因やケア、アトピーとの違いを調べてみました。

赤ちゃんのすべすべお肌!

長いマタニティライフを過ごした後にやっと会えた、待望の赤ちゃん。そのすべすべの肌に思わずほおずりしたくなりますよね!

赤ちゃんのすべすべお肌

子育ては心配の連続

赤ちゃんを育てているお母さんにとって心配なことって、たくさんありますよね。

赤ちゃんが、アレルギーを持っていないか、アトピーなんじゃないか、落ち着きがないんじゃないか、などなど。大きくなるにしたがって心配ごとは増えますが、生まれてまもなくから、もしくは2週間くらいたってから、最初の疑いを持つ方も多いのではないでしょうか。

それは、お顔にできるぽつぽつ、赤ちゃんニキビです。

お顔にぽつぽつ発見!

突然最愛の赤ちゃんのお肌にぽつぽつを見つけしまい、慌ててしまうことがありますよね。これってアトピーとは違うのでご安心を。アトピー性皮膚炎も顔にできたりしますが、じゅくじゅくとして、強いかゆみを伴います。ニキビはかゆみはなく、悪化しない限り、違和感はないものです。

赤ちゃんのお肌にぽつぽつ!びっくりしますよね。

赤ちゃんニキビ

ニキビって、思春期のものじゃないの?と思う方もいるかとおもうのですが、赤ちゃんは生まれてから数ヶ月程度は、お母さんのホルモンの影響がまだ残っているため、皮脂の分泌量が非常に多い状態です。

さらにまだ毛穴が未発達のため、皮脂や汚れが毛穴に詰まってしまい、赤ちゃんにニキビができてしまうです。赤ちゃんニキビは頬や額にできるのが特徴的で、赤いぷつぷつや、黄色いぷつぷつしたものができ、背中や胸などにはできません。また、男の子のほうがよくできる、という情報もあります。

どうすればいい?赤ちゃんニキビ

赤ちゃんニキビは生後3か月くらいまでに見られるものですが、病的なものではなく、長引かないようなら、積極的な治療もせずに清潔にしていれば、体の機能の発達とともに自然と治ります。

正しい対策は!?

しっかり沐浴しましょう

赤ちゃんにニキビができたときだけではなく、さまざまな皮膚トラブルの基本的な対処は、清潔を保つことと保湿です。あまりにも小さな赤ちゃんを沐浴するときに、こわごわと洗っていませんか?

市販の沐浴剤を使用するのもいいですが、しっかりと固形石鹸を泡立てて洗うことをお薦めします。筆者のおすすめは、助産師さんにも薦められた昔ながらの牛乳石鹸!

昔ながらの牛乳石鹸

Cow Beauty Soap – Blue / t-miki https://www.flickr.com/photos/8305862@N07/9655743034/

石鹸の泡が目や口にはいるのでは?としっかり泡で顔を洗うのをためらっていませんか?

でも、驚くことに赤ちゃんは自分で目を閉じてくれるんですよ。怖がらずに、特に皮脂腺の多い額や頬を優しく手寧に泡で洗いましょう。でも赤ちゃんの皮膚が非常に薄いのでごしごし洗うのはやめましょうね。

そして、洗ったあとは低刺激のベビーオイル、ローションやクリームなどで保湿を忘れずに。大人と同じで、きちんと汚れを落としてからでないと、成分は肌に浸透しません。

また、思春期用のニキビ薬は絶対につけるのをやめましょうね。神経質になり、1日に何度を洗うのもNG。逆に肌はからうるおいを奪い、刺激を与えてしまいます。

赤ちゃんニキビを悪化させないために

ニキビにはかゆみはない、というものの、ちょっとした動きで赤ちゃん自身が爪でひっかいてしまい、ばい菌が入ると化膿して治癒まで長引いてしまいます。赤ちゃんの爪は、寝ている間にそっと切っておいてあげましょう。

かさぶたみたいになったら

頭や髪の生え際などにかさぶたのように膜ができて、ふけのような状態のものができたら、それは脂漏性湿疹です。

ニキビと同様に母親のホルモンの影響により皮脂が過剰に分泌されることによりおきます。しかしこれもニキビと同じで、かゆみもなく、しっかりと丁寧に洗ってあげれば、きれいになります。髪の毛が抜けてしまったり、皮膚を傷つけるので、無理にはがすのはやめましょう。

PR