【子供の予防接種】ジフテリアの予防接種の副作用や気を付けたいこととは?
22views

【子供の予防接種】ジフテリアの予防接種の副作用や気を付けたいこととは?

赤ちゃん誕生後からやらなければならない予防接種。色々とありますが、ひとつひとつをきちんと理解して摂取したいものですね。そのひとつのジフテリアについて注目して調べてみます。ジフテリアの予防接種について、そしてその副作用や接種後の過ごし方、接種後に気をつけて注意しておきたいことなどについて調べました。

ジフテリアとは?どういった病気!?

ジフテリアとは?どういった病気!?

ジフテリアを含む、百日せき、破傷風の3種混合、これら3つとポリオを併せた四種混合のワクチンを接種するのが義務付けられています。

今では、ジフテリアの予防接種、つまり三種混合の予防接種を受ける割合が多くなっているために、日本では、これらの病気の感染者はほとんどいない状態です。ですから、これらの病気について名前だけは知っているけれど、実際にどういった病気なのかを知っている人は少ないでしょう。では、一体ジフテリアというのはどのような病気なのでしょうか?

ジフテリアはジフテリア菌による疾患です。

ジフテリアはジフテリア菌による疾患です。

現在、日本では、年間1人いるかいないかというほど、ジフテリアの患者はいません。

そもそも、ジフテリアというのはジフテリアの菌によって、喉や鼻の痛み、炎症を発症させるものです。しかしながら、そのジフテリア患者の10人の中の1人の割合で、その疾患が重症化し、さらに死亡するケースが報告されています。

ひとつは、ジフテリアの菌によって、喉の周りに偽膜と呼ばれる、喉の周りの皮膚の細胞が壊死したために起こるびらんを発生させ、そのびらんによって窒息死する可能性があります。また、発症後、2~3週間の間に、ジフテリアの菌によって発生させる毒素が神経細胞や心臓の筋肉の細胞に悪影響を及ぼし、神経麻痺や心臓発作などの合併症を発症させる可能性がある危険な菌なのです。

万が一ジフテリアになってしまった場合には!?

前述の通り、10人に1人は何の反応もなく、菌を保有したままになるケースもあります。しかしながら、このように予後の悪いケースもありますので、ジフテリアを疑われたのであれば、その可能性だけでも治療をすすめる必要があるようです。それだけ、早期治療が必要な病気です。血清療法や抗菌投与によって、ジフテリアの治療をするのですが、その治療もリスクを伴うものになってしまっています。

治療するよりも予防することがとても大事!

治療するよりも予防することがとても大事!

ジフテリアがここまで予防接種として確立している理由として、治療自体にもリスクを伴う可能性があるからです。投与される薬は、アレルギーによってショック反応を引き起こす可能性があります。また、診断が遅れることによって、ジフテリア菌の解毒をきちんと行えない可能性があるからです。ですから、予防接種の大切さを多くの人たちが認識する必要があります。

ジフテリアの予防接種は?

ジフテリアの予防接種は?

現在、日本では、ジフテリアと百日せきと破傷風の併せて、三種混合として1つの予防接種、あるいは、その三種とポリオを併せた四種混合の予防接種が出生後3カ月から義務付けられています。

予防接種はいつからで、何回受けなければならないの?

予防接種はいつからで、何回受けなければならないの?

現在、日本では、生後3カ月から始まり、一定の期間(3週から8週の間)に、3回の予防接種を行います。その後、第一回追記として、半年以上の期間を開けた後に1回、そしてその後小学校6年生の時、第二期としてジフテリア破傷風二種混合ワクチン(DT)の予防接種を行います。

予防接種の副作用はどういったものがありますか?

1980年代にワクチンが改善されてから、ほとんどの副作用を報告されていないほど、このワクチンは副作用反応が低い予防接種となっています。中には、注射をした箇所に赤い腫れやしこりがある場合がありますが、数日後には、それが治るケースがほとんどです。

また、ワクチンによる発熱を起こる可能性も1パーセントも満たないほどの低いものになっているために、ほぼ心配はありませんが、万が一発熱があったり、その後の具合が悪くなってしまった場合には、医師に相談しましょう。

PR