子供の目の異常、1日でも早く気づきたい!家庭でできる幼児の視力確認
50views

子供の目の異常、1日でも早く気づきたい!家庭でできる幼児の視力確認

子供の弱視の予防のためには、遠視などの目の異常に一日でも早く気づきたいものです。しかし、小さい幼児の視力確認はどう行ったらよいのでしょうか。検診で受けられる視力検査の他に、家庭でもできる視力検査や気になるチェックポイントをご紹介します。

幼児の遠視や斜視、放っておくと弱視に…?

幼児の遠視や斜視、放っておくと弱視に…?

赤ちゃんは生まれつき目がよく見えるわけではありません。生後まもなくの赤ちゃんは大人で言うところの視力0.03くらい、ぼんやりと明るさを感じる程度です。

乳幼児の視力はいろいろな物を見ることで発達します。3歳までに急上昇し、5~6歳くらいまでに大人と同じくらいの視力になります。
乳幼児期に子供の遠視や斜視、眼の病気などに気付かず早期の治療や矯正を始めないと、一定以上の視力の出ない弱視になる恐れがあります。

健診でわかる目の異常

白内障や遠視、斜視などの目の異常の多くは、出産時の病院や1歳半健診、3歳児健診などの健康診断で指摘されます。子どもが産まれるとお世話や家事などで毎日振り回されてしまいますが、健診は毎回欠かさず受けるようにしましょう。

幼児の視力を家で確認するには

しかし、中程度以下の遠視の場合や片方の遠視などは特に、健診のチェックを潜り抜けてしまい発見が遅れることがあります。

また、3歳児健診前でも異常に気がついたら早めの治療を始めたいものです。遠視や斜視などが原因の弱視は早く治療を始めれば始めるほど高い確率で防ぐことができます。

まず、3歳で視力が0.5あればその後の視力の発達はおおむね心配ないといわれています。

家庭で幼児の視力確認をする方法はないものでしょうか。

家庭で視力検査

家庭で視力検査

視力検査で使われる切れ目のある環っかをランドルト環といいます。だいたい3歳半を過ぎたお子様なら自宅でも視力検査をすることはできます。

直径7.5cm、太さ1.5cmの黒の環に、1.5cmの切れ目を入れた図がランドルト環です。これを2.5mの距離から見て、切れ目がどこにあるのかがわかれば、視力0.5あるといえます。

今はネットで視力検査表をダウンロードできるサイトもありますが、幼児の場合はランドルト環がいくつも表になったタイプの検査は難しいことがあります。

ランドルト環ひとつだけを1枚のカードにあらわした「字ひとつ視標」を使いましょう。視力検査表から切り抜くのも手段です。幼児の視力確認のときにもひとつ注意すべきなのは検査していない方の眼の隠し方です。

幼児はつい目を出してしまいます。かといって目をしっかり隠すために圧迫するのもよくありません。家庭で検査するときは片目にガーゼや眼帯などを貼ると簡単に検査できます。

ガーゼや眼帯は子供の目によくありませんから、検査が終わったらすぐに外しましょう。

家庭で視力確認

家庭で視力確認

視力検査以外にも幼児の視力確認の方法はあります。次のようなことに日頃から気をつけましょう。
・目つきがおかしい、目を細めてものを見る
・テレビに近づいて見る
・絵本やお絵かきなどの根気が続かない
・転んだりものにぶつかることが多い
・片目でものを見る、片方の目を隠すと嫌がる

おかしいなと思ったら

子供の目について何かおかしいと思ったら早めに眼科を受診しましょう。ただし、幼児の目の異常はなかなかわかりにくいことがあります。
できれば小児眼科を標榜している眼科がお勧めです。

一般眼科のみの標榜でも、日頃小児の診察をよくしていて、小児の屈折異常に詳しい眼科なら安心です。

PR