おっぱいやミルクで赤ちゃんがむせたら!?赤ちゃんがむせるときの対処法
50views

おっぱいやミルクで赤ちゃんがむせたら!?赤ちゃんがむせるときの対処法

知らないことだらけの赤ちゃん育児。その中で、赤ちゃんの唯一のお食事であるミルクや母乳を飲ませていると、急に赤ちゃんがむせてしまったり、吐いてしまったりして心配になることはありませんか?赤ちゃんがむせたらどのように対処すれば良いのでしょうか?赤ちゃんがむせる、吐く原因と対処法についてまとめました。

なぜ赤ちゃんはミルクやおっぱいのときにむせるの?

ミルクやおっぱいのときに赤ちゃんがむせていたら心配ですよね

慣れない赤ちゃんに加え、言葉が話せない赤ちゃんとは意思疎通が図れないため、どうしても色々と心配になってしまうことがありますね。

ただでさえ、小さな赤ちゃんは、少しのことでも赤ちゃんにとって危険なことなのでは?と心配になることは当然です。

新生児のころから一日に数回、多い時には数十回あげるミルクやおっぱい。そのときに赤ちゃんがむせたら心配になりますよね。赤ちゃんは授乳やミルクのときにどうしてむせるのか?について詳しく調べていきましょう。

赤ちゃんがむせる原因① 赤ちゃんの体について

赤ちゃんの胃の形が私たち大人とは異なっている

赤ちゃんが、ミルクを飲んでいるとき、あるいはおっぱいを吸っているときにむせてしまう原因のひとつとして、赤ちゃんの胃の形が私たち大人とは異なっていることがあります。

赤ちゃんの胃は、大人の胃と違って、体にそってまっすぐになっています。ですから、少しの衝撃などでも、すぐに吐いてしまったり、むせてしまったりすることがあるのです。

通常は、胃に入ったものは胃の底で留まるので、何か衝撃があってもなかなか喉の方まで上がっていかないのですが、赤ちゃんの場合、飲んだものがすぐに胃から口へと上がりやすくなってしまうのです。

飲んだときに少しむせてしまっても、その衝撃がすぐに口から出てしまい、さらにむせてしまうというようになってしまうことがあります。

赤ちゃんがむせる原因② 母乳の場合

ママのおっぱいと赤ちゃんの吸いつきや飲む力や飲む量などが関係

母乳の時には、ママのおっぱいと赤ちゃんの吸いつきや飲む力や飲む量などが関係してきます。

授乳中のママのおっぱいは、おっぱいが多く出てくるママの場合には、赤ちゃんの吸いつきなどに関わらず、乳腺から絶えずおっぱいが出てくる人もいます。もちろん、それは赤ちゃんにとっては飲みやすい環境ではありますが、飲むタイミングが少しずれてしまうと、それだけでむせてしまう環境になりますよね。

逆に、一生懸命吸っているのになかなか出てこない母乳の場合も、一生懸命吸うだけにむせてしまうということが考えられます。

赤ちゃんがむせる原因③ ミルクの場合

85182cbb5b5f7d7042e9c3afd1451a9f_s

母乳と違い、ミルクの場合、哺乳瓶の乳首との相性なども関係してきます。

赤ちゃんが飲みたい量と乳首から出てくる量が異なれば、それでむせることもあります。飲みやすいだけに、赤ちゃんの吸う力次第では、赤ちゃんの期待値以上に出てくることもあります。その分、むせてしまうことも考えられますし、ミルクの方が空気を含んでいることが多いため、余分な空気を吸ってしまい、げっぷが出やすくなり、むせてしまうことも考えられるのです。

赤ちゃんがむせても大丈夫!心配しないで

赤ちゃんがむせたら、心配してしまうママは少なくないでしょう。

むせて、吐いてしまったらなおさらです。ただし、これはある意味自然の現象だと大きく構えるくらいの心構えで大丈夫ですよ。

ミルクやおっぱいを飲んだら、背中をトントンと叩いてげっぷをさせてあげるだけでも、赤ちゃんは十分苦しくないでしょうし、たとえ、吐いたとしても、大人が吐くほどの悪いイメージではなく、咳と共にミルクを吐いてしまったくらいの軽いものです。

もちろん、むせて吐いて、ぐったりしているようでしたら、別の理由があるのかもしれませんので、お医者さんに相談してもよいですね。

PR