きちんと治療をすれば弱視は治る!具体的な弱視の治療は??
67views

きちんと治療をすれば弱視は治る!具体的な弱視の治療は??

視力は、3歳頃に1.0に達しますが、様々な理由で視力が出ない弱視の方がいます。しかし、この弱視、6~7歳までに治療をすれば、治る可能性があります。そこで、ここでは、弱視の治療法を具体的に紹介します。「うちの子、もしかして弱視かかも・・。」と考えいているパパやママ、必見ですよ。

弱視とは??

目のどこかに異常がありピントが合わない

通常、目の前にあるものは、角膜や水晶体、硝子体を通って、網膜の中心にピントが合った後、その情報が視神経を通って脳に伝わっていきます。弱視は、この視覚情報が伝わる経路のどこかに支障があることによって見にくい状態が起こります。

この原因は、通常、視力の発達の感受性期と言われる1歳から8歳の間に、片目、または両目に正常な視覚刺激を受け取ることができないために視覚の発達が止まったり遅れたりすることで起きます。

例えば、生まれた時から3歳までの間に、片方のまぶたが開かなかったり、黒目の中心部分が濁っていたり、片方の目の位置がずれていたりすると弱視が起こってしまいます。

目のどこかに異常がありピントが合わない

弱視は、生まれてから3歳ぐらいの間に定期健診を受けていれば、だいたい分かります。治療が遅くなると、治る可能性が低くなるので、早めの発見、早期治療ができるようにしましょう。

弱視の種類

弱視には様々な種類があります。

形態覚遮断弱視

生まれつきに目の中にある水晶体が混濁していたり、外傷によって水晶体が混濁した時、目のケガで長い間眼帯をしていた時、まぶたが下がっていて黒目を覆っている場合は、目に光が十分に入ってこないので、視力が上手く発達しません。これを「形態覚遮断弱視」と呼びます。

形態覚遮断弱視

不同視弱視と屈折性弱視

片目に強い遠視があったり、両目に強い遠視があって、発見されずに幼児期を過ごすと、視力が正常に発達しないことがあります。これも、弱視の1種です。

斜視弱視

片方の目の視線がずれている状態で幼児期を過ごすと、常に斜視になっている方の目の視力が上がっていきません。

斜視弱視

弱視には様々な種類がありますが、医師の指示に従い、治療をすることで、症状が改善されます。

弱視の治療法

常に眼鏡をかける

弱視の治療は、弱視の種類や症状が起こった時期により異なりますが、どのような種類の弱視でも、屈折異常がある時は、眼鏡をかけ網膜の中心に焦点を合わせて、鮮明な像が結ばれるようにして、視力を矯正することが必要です。

子どもによっては、眼鏡をかけるのを嫌がったりしますが、眼鏡をかけずに視力が良くなることは決してありません。絶対に、視力が発達する8歳までに、正常な視力にするために、眼鏡をかけることが必要です。ただ、無理強いをするとストレスになってしまうこともあるので、眼鏡をかけやすい環境を家族が協力して作ってあげましょう。

常に眼鏡をかける

子どもの眼鏡はずれやすいですが、ずれると効果が半減してしまうので、定期的に調整することも大切ですよ。

視力の良い方の目を隠して治療する

眼鏡をかけただけで視力が上がらない場合は、遮閉訓練を行います。遮閉訓練とは、視力の良い方の目にアイパッチなどの遮閉具を付けて、視力の悪い方の目でしっかり見るように促します。3歳から6歳の間であれば、毎日1時間程度、この訓練をしただけで、、ほぼすべての子どもが1.0以上の視力を獲得することができますよ。

視力の良い方の目を隠して治療する

Treating Amblyopia / National Eye Institute https://www.flickr.com/photos/nationaleyeinstitute/7544815418/

遮閉具を嫌がるお子さんも多いようですが、そんな時には、遮閉具に子どもの好きなキャラクターを書いたり、シールを貼ったりしましょう。また、眼鏡をかけている時は、眼鏡の上から布製の遮閉具を付けると良いですね。

PR