弱視は治るの?弱視とは近視と違う!目にはものを見る訓練が必要
53views

弱視は治るの?弱視とは近視と違う!目にはものを見る訓練が必要

"目はものを見る訓練をしなければ見えるようにならないって知っていますか? 弱視とは何かの原因でその訓練がされないことでなります。 ではその原因とはなんなのでしょうか? 自分の子どもの弱視の見分け方もあわせて紹介します。"

わたしはこれまで生まれれば、目は勝手に見えるようになるものだと思っていました。

しかしこれは勘違い!

「目でものを見る訓練」をしなければ弱視になることがあるのだそう。

じつは視力は発達しながら得ていくもの。見えないまま見る訓練がされないでいると、視覚情報が伝わる経路に何かしらの支障が出て、視力の発達が止まり弱視となります。つまり、弱視とは近視でめがねをかけると見えるようになるのとは根本的に違います。

「目でものを見る訓練」をしなければ弱視になることがある

目の発達の感受性期を知ろう

目の発達には、たえずものを見る訓練が必要だということを覚えておきましょう。

視力の発達には「感受性期」といって外からの刺激で脳の神経回路が集中的に作られる時期があります。生後1か月から上昇しはじめ1歳半ごろにピークに達します。その日々の変化は、子育て経験のある方は実感したことがあると思います。そして、徐々に下降して8歳ごろまでで終了すると言われています。

つまり、弱視に注意が必要なのもこの時期であり、逆に治療の反応が期待できる時期でもあります。

ものを見る訓練ができないとはこんな時

そもそも、どうして目でものを見る訓練ができない状態になるのでしょうか?

それにはいくつか原因があります。まず斜視で、「斜視弱視」と言います。斜視は二重に見えるので、子どもの脳は混乱します。なるべく斜視になっている方の目を使わないようになっていき視力の発達が促せません。

また強い遠視や乱視があると、近くも遠くもはっきりと見えないので、視力の発達ができずに「屈折異常弱視」になる場合があります。左右で屈折度数に大きな差がある場合も「不同視弱視」になり、ピントが合わない目が使われなくなります。

その他の原因としては、生まれつきの目の病気(白内障など)がある場合、まぶたがさがったまま光が入りにくい、乳幼児期に眼帯を3〜7日間ほど長く使用していたなど場合にはものを見る訓練ができないことがあります。

ものを見る訓練ができないとはこんな時

親でも気付きにくいことも

斜視の場合は見た目で気付けるのですが、親が注意していても見過ごしてしまう場合も多いです。

特に片方の目だけが弱視の場合に気付けないことが多いようです。まぶたがしっかり開かない状態や、黒目の濁り、目の位置のずれがある場合は見つけることができると思います。

しかし屈折度数など見た目では分からないことは、「ものにぶつかりやすい」「転びやすい」「目の前の小さなものをつかみ損なう」「ぬりえやお絵かきなどをすぐやめてしまう」「いつもテレビに近づいて見ている」「顔を傾けてものを見ている」などを家庭で観察してください。

じつは、子どもはもともと見えにくい状況しか知りませんから、見えにくいとは言ってくれないものだと覚えておきましょう。

遺伝を心配される方もいますが、ある種類の目の病気が原因の弱視の中には遺伝に関するものがありますが、そのほとんどは遺伝との因果関係ははっきりしていません。

親でも気付きにくいことも

弱視の治療には眼鏡を使う

弱視の治療には、屈折異常がある場合には遠視用の眼鏡をいつもかけて視力の発達を促します。

鮮明な像を見ない状態では視力は良くなりませんので、遅くとも発達が望める8歳までに眼鏡をかけることが必要です。

また、子どもは成長とともに屈折の状態が変化するので、定期的な眼科受診と眼鏡のメンテナンスが必要です。

眼鏡以外にも、視力の良いほうの目を隠して行う遮閉訓練というのがあります。視力の悪いほうの目でしっかりものを見るように訓練するというわけです。その遮閉訓練は病院だけではなく、家庭でも日常行う必要が出てきます。

弱視は治らないのか?

また、眼鏡などによりいったん視力が発達して安定すれば、元に戻ることはありません。

つまり弱視は、早期に発見できると視力を回復できる可能性があるのです。しかしその可能性は、視力の発達がどの期間どれほど止まっていたかで異なり、期間が長くて程度が強いほど、回復できる困難が低くなってしまいます。
赤ちゃんの目に少しでも不安な点があったときには、健診のタイミングをまたず必ず眼科を受診しましょう。

3歳位までに弱視を発見できるのがよく、またそれまでも予防する働きかけが出来るものです。少なくとも3歳児健診の視力検査は必ず受けるようにしましょう。

PR