赤ちゃんの頭がへこむのはどうして?ペコペコと動いているけど大丈夫?
66views

赤ちゃんの頭がへこむのはどうして?ペコペコと動いているけど大丈夫?

赤ちゃんの頭がへこむように動いているのをみると、大丈夫かな?病気ではないかな?と心配になるかもしれません。おでこのちょうど上の部分は、大泉門と呼ばれる部分で、頭がへこんでいるように見えます。赤ちゃんの頭がへこむ理由などをご紹介しましょう。

赤ちゃんの頭がペコペコしている!?

赤ちゃんの頭がへこむので、大丈夫かなと心配になるママさんがいらっしゃるかもしれません。

赤ちゃんの頭がへこむのは、骨の継ぎ目のすきまだからです。この場所は、大泉門と呼ばれています。

赤ちゃんの大泉門について勉強しましょう。

赤ちゃんの頭がへこむ理由

赤ちゃんの頭がへこむのは、その部分が骨と骨のつなぎ目となっているからです。大泉門をみると、心拍と同時にドク、ドクと脈打っている様子が分かります。

赤ちゃんの頭がへこむのは、その部分が骨と骨のつなぎ目となっているからです
【産道を通り抜けるため】
赤ちゃんの大泉門は、お母さんの産道を通りやすくするために存在します。

赤ちゃんは子宮から産道を通って、産まれてくるのですが、大泉門があることによって、頭蓋骨の骨を重ね合わせることができます。骨が重なることによって、頭のサイズを小さくして通り抜けます。

【脳の成長のため】
頭蓋骨は、いくつかの骨が重なり合うことで形成されています。

赤ちゃんの脳は目覚しく、脳が成長をするとともに頭蓋骨も成長していきます。もし、頭蓋骨が1つの骨で形成されていたとすると、脳が成長できなくなってしまいます。

赤ちゃんの頭のへこみはいつまで?

大泉門は産まれて10ヶ月くらいになると、だんだんと縮小していきます。そして、触ってわかるのは、1歳3ヶ月くらいまでです。それ以降になると、さわってもへこんでいる様子が分かりにくくなります。

2歳くらいになっても、まだ大泉門が開いているようであれば、問題があるため、乳児検診で相談をしてみましょう。

大泉門が閉じない場合、骨の病気に掛かっていたり、染色体の異常があったりします。また、甲状腺機能が低下している可能性があります。

赤ちゃんの頭のへこみの注意点

生後10ヶ月くらいまでは、大泉門はやわらかいため、注意が必要です。頭を洗う時には、やさしくなでるようにして洗いましょう。強く触ることはしないようにしましょう。

大泉門は、骨がないデリケートな部分のため、転倒してぶつけることがないようにしましょう。

もし、大泉門をぶつけてしまった場合は、まず、赤ちゃんの様子を観察します。泣かなかったり、気絶をしてしまった場合はすぐに医師に診てもらうことが大切です。

大泉門が膨らんでくると要注意!

大泉門が膨らんでくると要注意

大泉門がへこむのではなく、膨らみを持つようになると、赤ちゃんが危険な状態の可能性が高くなります。

大泉門の膨らみは、脳内の圧力が高いことによって起こります。脳内の圧力が高まる病気として、髄膜炎や脳炎、水頭症や脳腫瘍などがあります。

髄膜炎に掛かると、大泉門の膨らみと伴に発熱や嘔吐が起こり、鳴き声が高くなり、けいれんを起こすこともあります。

お風呂のときはどうする?

大泉門の部分もやさしく洗うようにしましょう。

産まれてすぐの赤ちゃんをお風呂に入れるときは、首がすわっていないのでドキドキしますよね。

身体や髪を洗うときは、片手で支えながら洗うので、最初は慣れないかもしれません。お風呂のときに、大泉門の部分はどのようにすればよいのでしょうか?

大泉門は柔らかいので、触らないようにしなければならないと思ってはいませんか?大泉門の部分もやさしく洗うようにしましょう。指のはらでクルクルとやさしく洗うことが大切です。

PR