子供の心を傷つけないで!夫婦喧嘩と子供にあたえる影響や害について
38views

子供の心を傷つけないで!夫婦喧嘩と子供にあたえる影響や害について


夫婦喧嘩と子供に与える影響について

どんなに仲のよい夫婦でも多少の喧嘩はありますが

夫婦喧嘩ありますよね…

夫婦喧嘩はどんなに仲のよい夫婦でも多少の喧嘩であれば起こります。

しかし夫婦喧嘩が激しくなればなるほど、子供の心に大きな傷がついてしまいます。そこで夫婦喧嘩と子供に与える影響についてまとめました。

一番心配なのがやはりこころの傷です

さまざまな精神疾患を引き起こす原因に

夫婦喧嘩と子供に与える影響は、やはり一番心配なことは、子供の心が傷ついてしまうことです。

親の喧嘩を見て育った子供は、不安感や恐怖心、人生そのものに失望してしまうこともあります。家庭の中で常にストレスを感じるようになるため、さまざまな精神疾患を引き起こす原因にもなります。

他の子供が伸び伸びと自分の意見を言って、集団生活が送れるのに対し、夫婦喧嘩が頻繁に起こる家庭で育った子供は、いつも抑圧されているため、集団生活の場で自分の意見が言えなかったり、人前で出ることが怖くなってしまうことや、人の視線が怖くなってしまうこともあります。

幼稚園や小学校などの集団生活に適応できなくなる

伸び伸びと集団生活を送ることができません

物ごころついた頃から、親の夫婦喧嘩を見て育った子供は、幼稚園や小学校など、集団生活が始まっても、普通の子供と同じように伸び伸びと集団生活を送ることができません。

外の世界に出ていくことが怖くなってしまい、登校拒否になってしまったり、自宅の部屋で引きこもってしまうこともあります。

身体の成長にも影響が出てきます

子供の脳が委縮してしまう場合も

親の夫婦喧嘩と子供に与える影響は、精神面のみに悪影響を与えるのではありません。

子供の身体の成長や健康面にも多大なる影響を与えてしまうのです。精神的に傷ついてしまうことにより、睡眠障害などの弊害が出てきます。そのため、家庭の中で十分に休息することが難しくなるため、夜間、十分な睡眠を取ることができません。

頻繁に夫婦喧嘩をしている家庭であれば、子供にとって、家庭はリラックスする場ではなく、常に緊張感を強いられる場でもあります。家庭の中で十分な休息を得ることができないことによって、成長ホルモンの分泌にも大きな影響が出てきます。

十分な成長ホルモンを得ることができずに、このまま成長していくため標準よりも、身長や体重が少なくなってしまう場合もあります。また日常茶飯事、激しい夫婦喧嘩が繰り広げられている場合には、子供の脳が委縮してしまう場合もあります。感情面や精神面だけではなく、知脳面にも影響が出てきます。

夫婦喧嘩と子供の将来について

親の夫婦喧嘩を見ながら成長した子供は、将来に対して悲観的になってしまうこともあります。

また成人後、結婚生活に希望を見出せなくなってしまうため、異性との恋愛がうまくできなくなってしまったり、結婚をせずに、一生独身のまま過ごしてしまう可能性もあります。

親がモラハラだったら

孤立化してしまうケースも

夫が家庭の中や妻や子供に対し、暴力をふるっている環境で育った子供は、将来自分が家庭を持った場合に、同じように家庭の中で暴力をふるってしまう場合があります。

また集団生活の中でも、暴力的に振る舞うことが多くなり、孤立化してしまうケースもあるでしょう。夫が暴力をふるっている場合は、子供が小さいうちに離婚をし、新たに幸せな環境で人生をやり直すことも必要かもしれません。

PR