新人ママさん必見です!離乳食アレルギーの改善法が知りたい!
16views

新人ママさん必見です!離乳食アレルギーの改善法が知りたい!

今や誰しもが持っていると言われるアレルギー。お子さんがアレルギーを持っていると色々と気を遣いますよね。離乳食アレルギーの改善法を学んで、少しでもママの負担を減らしましょう。アレルギーと言っても、様々な種類があり、アナフィラキシーショックなどで死に至るケースなど油断出来ないですよね。ママ必見です。

離乳食アレルギーの改善法が知りたい!

多くの人が悩まされるアレルギー・・・・

多くの人が悩まされるアレルギー・・・・

今や、誰しもが何かしらのアレルギーを持っていると言われています。

赤ちゃんの時は、体が未発達のためアレルギー反応が出やすいです。ママの中で子どもの離乳食アレルギーに悩まされた人も多いのでしょうか?

昔は、離乳食を遅らせることで、アレルギーをある程度予防できると考えられていましたが、最近の研究で離乳食を遅らせてもアレルギーを予防することは難しいとされました。

アレルギーは、そもそも体質的なもので、離乳食を早めようが遅らせようがあまり意味がなかったとのことなんですね。

赤ちゃんの時にアレルギーになりやすい食品は、乳製品、卵類、小麦類など

赤ちゃんの時にアレルギーになりやすい食品は、乳製品、卵類、小麦類などがあります。

卵類などのアレルゲンは、成長するにつれて食べられるようになる子どもが多いので、あまり心配はいらないようです。ナッツ類のアレルギーなどは、アナフィラキシーショックを起こすなど大変怖いです。

ナッツ類のアレルギーは、大人になっても治りにくく、一生アレルギーと付き合っていくことになりそうです。赤ちゃんのうちは、パパやママが食事の際に気を遣ってあげることが必要ですね。

ダニやホコリなどもアレルギーの原因に・・・

ダニやホコリなどもアレルギーの原因に・・・

the baby alcove / 4Neus https://www.flickr.com/photos/motherscratcher/3201577047/

アレルギーの中で怖いのは、やはり食物アレルギーですが、ハウスダスト、ダニやカビ、ホコリや犬や猫などの動物の毛までもアレルゲンとなります。特に赤ちゃんは、まだ体が未発達のために少しのホコリやカビでも体が拒否反応を起こしてしまいます。

赤ちゃんが寝ている寝室などは、しっかり清潔に保たれていますか?赤ちゃんが寝ている部屋は、こまめに掃除をしてあげないと、赤ちゃんが鼻炎や喘息などのアレルギーで苦しむことになってしまいます・・・。

teddy-bears-1148352_640 ぬいぐるみ

赤ちゃんの部屋を快適にするアドバイスですが、床にカーペットと敷いている場合は、フローリングに変える、部屋の換気をこまめにする、ぬいぐるみなどは、カビやダニが付着する原因となるので、出来る限り置かない、シーツや枕カバーは、こまめに洗濯してお日様にしっかり干すなど心掛けましょう。

また、加湿器や空気清浄機も上手く利用するといいでしょう。可愛い赤ちゃんのために多少面倒ではありますが、気を遣うようにしましょう。

赤ちゃんがアレルギーで喘息になってしまったら!?

赤ちゃんがアレルギーで喘息になってしまったら!?

アレルギーの中で怖いのが、やはり喘息です。

特に夜中に発作が起きてしまい、赤ちゃんがゼーゼー息苦しそうにしていたら、焦ってしまいますよね。赤ちゃんが喘息を引き起こす原因は、ハウスダスト、花粉、ダニやカビ、動物の毛など様々です。

特に赤ちゃんは、一日のうちのほとんどをふとんやベッドの中で過ごすために、ふとんやベッドにアレルゲンの物質が付着していると、喘息を悪化させる原因となってしまいます。

今は、家電屋さんにふとんクリーナーなど便利なものも売っていますし、晴れた日には、おふとんをこまめに干すようにして、なるべくアレルゲンとなる物質を取り除いてあげるようにしましょう。

赤ちゃんが夜中に喘息の発作が起こしてしまい、あまりにも辛そうにしている場合は、救急で病院に連れていくことも考えましょう。

PR