子供の高熱、焦らないで!高熱を出した時の対処法
48views

子供の高熱、焦らないで!高熱を出した時の対処法

突然、子供が高熱を出すことがありますよね。春・夏・秋・冬。それは関係なくやってきます。もし、子供が高熱を出した場合どう対処したらいいのでしょうか。冷やすべき?解熱剤は?子供の高熱についてお話していきます。

子供の高熱はどうしたらいいの!?

無菌状態のお腹の中で育った赤ちゃんが、やがて外の世界に飛び出し菌に触れることになります。

お腹の中で、免疫をお母さんから分けてもらって生後に飲む「初乳」からも、免疫が摂れると言われています。その免疫が切れるのが、生後6ヶ月ごろと言われています。

その生後6ヶ月ごろから3歳くらいまでの子供は、良く熱を出します。それは、もともと子供の平熱が高いからというのもあります。なので、40度の高熱を出すこともあります。大事なわが子がこんなに高い熱を出したら、お父さんもお母さんもびっくりしますよね!でも、あわてないでください。

まずは子供の様子をきちんと見てあげること!

子供の発熱の原因のほどんどが「風邪」によるもの

子供の様子を見て、どのように動いたらいいのか判断してください。

子供の発熱の原因のほどんどが「風邪」によるものです。体内に入ってきた病原菌を倒すために熱が出ます。つまり、熱が出たから良くない、ということではないのです。

ただし、40度に近い熱を出した場合、原因が感染症の場合もあります。感染症が原因の時は、きちんと病院で治療する必要があります。原因菌は、「麻疹・水ぼうそう・インフルエンザ・おたふく」などいろいろあります。発熱・咳・鼻水・のどの痛みなどの風邪の症状意外にもなにか他の症状が出ていないかチェックをしてみてください。

たとえ、高熱だった場合でも、いつもとあまり変わらない様子だったら病院へ急ぐ必要もないでしょう。少しの期間、高熱が出たからといって脳に影響はありませんよ。まずは、様子を見てください。高熱が出ていても、水分がきちんと摂れているかな?夜は寝れているかな?水分が摂れて、夜寝れていたら、心配はいりません。念のために、日中は安静にしていれば熱は下がってきますよ。

また、高熱が出てしまった!といっても、普段の子供の平熱を知っていなくては意味がありません。朝起きたら、熱を測って子供の平熱を知っておくのも親の役目です。一般的には、37.5度以上あるときが発熱したと言います。幼稚園・保育園も37.5度以上の熱が出た時にお迎えの連絡をするところが多いようです。

高熱が出た時の様子

無料の電話相談もあります

高熱が出た時の様子をしっかり見ておきましょう。熱は何度あるのか。どう変化しているのか。熱以外の症状。まわりで流行っている病気はあるのか。小児科では、このようなことを聞かれます。事情聴取のようですが、原因がわかるカギとなります。そのカギを落とすことなく医師に伝えてください。

熱が夜(深夜)に出ることも珍しくはありません。そんな時は急いで夜間病院や、当番医に駆け込む必要はありません。熱の出始めですと、病気の判断もつきにくいことがあります。それでも心配でしたら、無料の電話相談もありますので、電話をしてみて電話を担当してくれる保健師の方に指示をもらうのも良いかもしれません。

熱が出た時は、無理に下げる必要はありません。ただ、高熱が続いて体力の消耗が激しくて水分が摂れない、寝付きにくいなどの時は、解熱剤を使ってあげても大丈夫です。年齢によって解熱剤の使う量が変わってくるので、必ず医師に相談してください。インフルエンザの時はまた違う解熱剤をもらうかもしれませんので、その時もしっかり医師に確認してください。

子供の高熱は、とっても心配になるものです。ですが、心配だけしていても症状が改善することはありません。子供の様子を常に観察してください。

PR