お風呂のカビと赤ちゃんへの注意を促すと共に上手な掃除の仕方
788views

お風呂のカビと赤ちゃんへの注意を促すと共に上手な掃除の仕方

お風呂のカビと赤ちゃんへの注意を促すと共に上手な掃除の仕方を紹介します。育児中は、夜中の授乳や家事の疲れで中々掃除に手が届かないことがあります。また入浴中の事故防止のための注意点を挙げたいと思います。

お風呂のカビと赤ちゃんへの注意

だいたい産まれてから1か月程度沐浴し、その後大人と同じお風呂で入浴します。(ですが、小児科の一か月健診で確認して、へその緒が乾いている事が必須条件になります。)

大人と同じ浴槽で入浴する場合、抵抗力の弱い赤ちゃんには注意が必要です。

お風呂は家の中で一番カビが生えやすい場所。赤ちゃんがカビの胞子を大量に吸ってしまうと、喘息やアレルギーを起こしやすくなり長引いてしまします。また、皮膚や消化管も弱いので湿疹や下痢、腹痛などの症状も出やすく、胃腸炎の原因にもなります。

生後5か月までは細菌性髄膜炎にかかりやすいと言われていて、原因はB群連鎖球菌と大腸菌だと言われています。
私たちの生活には沢山の菌がいます。抵抗力の弱い赤ちゃんを守るためには、知識とこまめに掃除するという事が大切になってきますね。

抵抗力の弱い赤ちゃんには注意が必要

お風呂のカビ

お風呂場をこまめに掃除していても、よくよくチェックするとカビが生えている事よくありますね。

カビの種類は100種類位で近い将来は20万種類はいるだろうと言われています。お風呂場でよく目にするのが赤カビ(別名:フザリウム)、黒カビ(別名:クラドスポリウム)です。

赤カビは、数百種類あり、水垢、手垢、髪の毛などを栄養にして繁殖スピードがとても速いのが特徴です。

また免疫力が低下している赤ちゃんやご老人がこれに触れると深在性真菌症にかかわっていて、爪の病気にかかりやすくなります。

黒カビは、皮脂や垢を栄養源にしてタイルの目地やゴムパッキン、天井などに多く発生します。根深い菌糸というのがあり、予防するのに時間がかかります。

お風呂にはカビがたくさんいますよね

お風呂の掃除方法とカビ除去

毎日入るお風呂。掃除を怠るとすぐ、カビが生えるし、中腰になりながらの掃除は大変。という方は沢山いると思います。そこで、少しでも簡単に掃除できる方法を紹介すると共にカビ除去につながればと思います。

カビ対策で一番は換気する事です。換気扇は24時間するといいでしょう。なので、浴槽のお湯はすぐこぼした方がいいでしょう。また、お風呂を出るときに冷たい水をかけて浴室の温度を下げる事でカビ菌の繁殖を抑えます。

お風呂掃除の方法
①3日に一回位のペースで、残り湯に重層を100グラム入れてよく混ぜて、桶やふたなど浴槽で使うものを付けておきましょう。次の日に軽く洗うだけで、汚れが付きにくくなります。排水溝も髪の毛やホコリをとり、重層をかけておくといいでしょう。

②お風呂場の鏡は白くなってなかなか落ちませんね。クエン酸と水を使いキッチンペーパーに染み込ませて鏡全体に張り付けましょう。半日ほど置いて、洗い流します。

③床の掃除は、タイルにカビが生えている場合は酢を吹きかけてラップで乾燥を防ぎ3時間ほど放置します。
頑固な場合は、一晩放置します。

お風呂の掃除方法とカビ除去

お風呂場以外のカビ

お風呂場だけが、カビが生えるわけではありません。梅雨の時期などには部屋の中にもカビが生息しています。

お風呂場以外では赤ちゃんがいる部屋が一番カビが生息しやすいと言われています。理由は、いくつかありますが冬場では乾燥防止のため加湿器を常につけている事や乳幼児の頃は一日中ベットという事もあり、汗を沢山吸った布団は湿気が溜まりやすくなり「カビ」が繁殖しやすい環境にあります。

なるべく太陽光に布団を当て、風通しがいい状態にしましょう。(ですが、春など花粉が多い時期には布団が花粉をため込んでしまうので室内干しにしましょう。)

赤ちゃんは喋れませんので、気持ちのいい生活環境をつくっていきましょう。

PR