赤ちゃんの虫歯予防にはフッ素!は実は危険?!本当に有効な方法とは?
82views

赤ちゃんの虫歯予防にはフッ素!は実は危険?!本当に有効な方法とは?

赤ちゃんの虫歯予防は生涯の虫歯リスクを左右するほど大切なものです。世界的にフッ素を用いた方法が勧められていますが、適量なフッ素でも神経毒を発生させ、脳に障害をもらたす可能性が指摘されています。このため予防には重曹を水で溶いた重曹水を利用することが、より安全で効果的であると言われています。

赤ちゃんの虫歯予防はとっても大切!

赤ちゃんのときの虫歯予防によって生涯を通じて歯を丈夫にすることができる?

Baby Teeth – 2 / mathrock https://www.flickr.com/photos/mathrock/5380820369/

「虫歯になってしまうのは仕方ないこと」、と言われていますが、実は赤ちゃんのときの虫歯予防によって生涯を通じて歯を丈夫にすることができるという説があります。

この説はスウェーデンの大学で行われた研究から言われていることです。その内容は2歳までに虫歯にならなかった子供は、そうでない子供に比べてその後に虫歯になるリスクが少ないというものでした。

この結果から赤ちゃんときに虫歯を予防し、虫歯菌との接触を遅くすることは、その後に虫歯になりにくくなることがわかったのです。

赤ちゃんはいつ虫歯菌に感染する?

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。

しかし、多くの赤ちゃんは生後間もなく、虫歯菌がうつってしまいます。そのきっかけになるのが、両親や祖父母など家族との接触に原因があることがわかっています。

とくに過去に時代では大人が口内で噛み砕いたものを赤ちゃんに与えるという慣習があり、そのときに大人の口の中にいた菌が赤ちゃんの口にうつるということがありました。

虫歯菌はこんなことでも感染します!

最近ではこのような食べさせ方はしないよう指導する病院も多くあります。

しかし、実際には赤ちゃんの口に虫歯菌が入ってしまうのは、このような食べさせ方だけではありません。赤ちゃんにキスをしたり、赤ちゃんに話かけるときに飛ぶ唾液、また同じ箸や食器を使うことでも感染することがあります。

何気なく行っていることや赤ちゃんに顔を近づけて話すことも虫歯菌の感染リスクになるのです。

世界的にも奨励されるフッ素での虫歯予防

このような接触による虫歯予防の他にもフッ素を用いた方法が奨励されています。

フッ素は毒物ですが少量を使うことで虫歯菌を退治することができるため、多くの歯磨き粉や歯周病を防ぐ商品に使用されています。

世界保健機構( WHO )からもフッ素が虫歯予防に有効であり、適量の利用であれば人体への被害がないと声明が出されています。

フッ素の安全神話には懐疑的な声も

一方でフッ素は微量でも使い続けることで神経に作用する恐ろしい物質であると指摘する声も出ています。

ある女性研究員が適量のフッ素を投与し、大脳への影響を神経画像システムで調べたところ、多動性障害、記憶障害、知能障害に見られるパターンを示しました。

このことから、フッ素は推奨されている微量であっても神経毒を引き起こし、脳機能を阻害し、あらゆる分野の知能を低下させることを明らかになったのです。

このような影響は大人よりも子どもにより強く現れることが考えられるため、赤ちゃんの虫歯予防のためにフッ素を用いることに否定的な意見を持つ人も少なくありません。

それでは、どのように赤ちゃんの虫歯を予防すればよいのでしょうか?

重曹で安く安全に虫歯予防ができる

重曹水で赤ちゃんの歯磨きやうがいをすることは安全に行えて、そして効果的な虫歯予防なのです

その方法としてもっとも有効で、安価な方法は重曹を利用する方法です。近年、重曹は掃除や洗濯などの家事だけなく、入浴剤やダイエットの見方として美容にも使われ高い効果があることで知られています。

この重曹を溶いた水は弱アルカリ性の性質であり、口に含んでうがいすることで口臭や虫歯を予防できるのです。とくに天然の重曹はより安全で、例え飲んでも害はありません。重曹の主成分は胃腸薬にも含まれるいるからです。

コップ半杯の水に小さじ半分の重曹を溶かして作った重曹水で赤ちゃんの歯磨きやうがいをすることは安全に行えて、そして効果的な虫歯予防なのです。

PR