ドキドキの赤ちゃんとのバスタイム♪沐浴の方法や期間などについて知ろう!
111views

ドキドキの赤ちゃんとのバスタイム♪沐浴の方法や期間などについて知ろう!

赤ちゃんが産まれて、一番のドキドキイベントといったら沐浴ではないでしょうか!上手にやらないと赤ちゃんの命にも関わってくるものなので、とても緊張すると思います。必ず知っておきたい沐浴の方法や期間、用意しておくと良い物についてご紹介します!もうすぐ出産を控えている方、沐浴の手順を見直したい方にオススメです!

そもそ沐浴とは?

そもそ沐浴とは?

抵抗力の低い赤ちゃんが、いきなり私たちが通常使っているお風呂に入ることはとても危険なので、赤ちゃん専用のベビーバスなどを使って行います。

このベビーバスを使って体を綺麗にすることを沐浴と言い、私たちが普段使う湯船に入ることを入浴と呼んでいます。沐浴は赤ちゃんの体を清潔に保つことによって、皮膚のトラブルを予防することを目的に行われます。

沐浴のために用意するもの!

ベビーバスは必須!

沐浴のために用意するもの!

沐浴でまず必要なのはベビーバスです。ベビーバスは市販でいろいろなものが売られています。赤ちゃんに合ったものや、自分たちが使いやすい物を選ぶようにしましょう。デザインもいろいろなものがあるので選ぶのだけで楽しくなってしまいます。

次に必要なのは赤ちゃんの体を洗うために必要な石鹸です。石鹸は必ず赤ちゃん用のものを使うようにしましょう。大人の物を使ってしまうと肌に刺激を与えすぎてしまい肌のトラブルにつながります。無添加のものや、アレルギーのある赤ちゃんの場合は、アレルギーを起こす成分が含まれていないものを選ぶようにしましょう。

さらに+αで、温度計を用意するようにしましょう。赤ちゃんの肌はとってもデリケートなのでお湯の温度が高いと火傷のようになってしまうことがあります。

沐浴の期間はどのくらい!?

沐浴の期間はどのくらい!?

最低生後1ヶ月の間は沐浴をした方が良いとされています。その後は個人によって様々で、生後1ヶ月を過ぎて、すぐに大人と同じように入浴する場合もあれば、生後5ヶ月くらいまで沐浴をするという場合もあります。

赤ちゃんを入浴させる場合にはいきなり入れるのではなく、ちょっと入浴させてみて赤ちゃんの様子を見るようにしましょう。嫌がるような様子を見せたらすぐに止めるようにしましょう。

沐浴の手順!

沐浴の手順!

まず、赤ちゃんをお湯に入れる前に、沐浴が終わった後に使う赤ちゃんの着替えやおむつ、そして沐浴に使う石鹸やガーゼを用意します。

一通りの準備が終わったら、いよいよ赤ちゃんをお湯に入れてあげます。お湯に入れるときには、赤ちゃんを驚かせないように足からゆっくりと入れてあげます。

手でしっかりと耳を抑えて耳の中に水が入らないようにします。ガーゼをお腹の上に乗せながら行うと赤ちゃん自身も安心してくれるので冷静に行うことができます。

お湯に入れてあげたら次に赤ちゃんの体を洗います。
まずはお腹側です。お腹側に優しくお湯を手でかけてあげたり、ガーゼで優しく拭いてあげます。お腹側が洗えたら背中側を洗います。おしりは特に汚れているので綺麗にしてあげてください。

一通り洗えたら、顔や耳、おへそなどの細かい部分を綺麗にします。ガーゼや綿棒などを使って優しく綺麗にしてあげてください。

沐浴の際の注意点!

沐浴の時には、洗ってあげる親がリラックスしていると、赤ちゃんもリラックスしてくれます。緊張しすぎないことが大切です。

沐浴はスピード勝負です。赤ちゃんもすごく体力を使うことなので、10分から15分で行うようにしましょう。赤ちゃんの体が冷えないように暖かい部屋で行うことが大切です。

PR