自分の子供はやっぱり世界一可愛い!過保護にならないための子育て法とは?
161views

自分の子供はやっぱり世界一可愛い!過保護にならないための子育て法とは?

親にとって自分の子供はやはり可愛いものです。しかし一人の人間として心も身体も健康で社会で生き抜く力を身につけさせてあげる必要があります。そのためには、過保護にならない子育て法が必要です。子供のためになる育て方は、社会で生き抜いていく力を子供に身につけさせてあげることが大切です。

過保護にならない子育て法とは

過保護とはどんな状態?

過保護にならない子育て法とは

過保護とは、子供を必要以上に甘やかしたり、子供の言うことや希望をなんでも叶えてあげる状態のことを言います。

過保護という言葉が使い始められた背景には

日本で過保護という言葉がよく使われるようになってきたのは、経済や生活が豊かになってきた高度経済成長期の時期からです。1970年代は子供を産む人数も少なくなってきており、一人っ子家庭も増えてきました。そのため、親世代、祖父母世代から金銭面でも物的な面でも恵まれている子供が増えていました。現在は、過保護に育てられてきた子供が親となり、またその子供を過保護にしてしまうという悪循環があるかもしれません。

過保護の子供の将来はどうなってしまうの?

社会に出てから子供が苦労することになります。また周囲との人間関係をうまく築くことができなくなってしまうため、社会で孤立しやすい存在となってしまいます。また過保護に育て過ぎてしまったり、大人になっても甘やかしてしまうと、子供が大人になっても親を頼るようになり、親が年老いても子供の面倒を見なくてはならなくなります。社会的に自立できない子供を育ててしまったら、親の死後、誰が子供の面倒をみることになるのでしょうか。

親が子供にしてあげられることとは?

親が子供にしてあげられることとは自立させてあげること

最終的には、自分の力で働き、お金を得て生活ができるようにしてあげること、人生を生き抜く力を身につけてあげること、幸せな人生を送れる力を身につけてあげることが一番大切なことです。

過保護にならない教育法はどうすればいいの?

ある程度の過保護も幼児期には必要かも

ある程度の過保護も幼児期には必要かも

赤ちゃんから幼児期の時期までは親と子供の信頼関係が深く築かれる時期でもあります。こどものしつけと過保護のボーダーラインはとても難しいかもしれません。幼児期の時期までには、基本的な挨拶や食事のマナー、早寝早起きなどの生活習慣をしっかりと身につけさせてあげましょう。また幼児期は親子がべったりとする時間がとても必要です。過保護もある程度必要なことかもしれません。

幼稚園や保育園の集団生活が始まる時期には

初めての集団生活では、親が過保護にならないように、子供の成長を見守る時期

小学校入学前には、二年制か三年制の幼稚園か、もしくはお仕事をされている方であれば保育園に子供を通わせることでしょう。初めての集団生活では、親が過保護にならないように、子供の成長を見守る時期でもあります。集団生活では、初めて親以外の同じ世代の子供と触れ合い、遊ぶことになります。この時期にしっかり他人とのコミニケーションを築くことができれば、小学校入学後の学校生活もスムーズに送ることができます。集団生活中の時間帯は、親はなるべく口出しをしないことが大切です。その代わり、家に帰って来たときママと二人だけの時間はたくさん甘えさせてあげましょう。

基本的なしつけはやはり家庭が基本かもしれません

子供が成長すると、いろいろなことを自分でやりたがります。このとき、親が子供のやりたいことを阻止して、なんでも親がやってしまうと子供を過保護にしてしまうことになり、子供の自立性を奪ってしまうのです。幼児期の好奇心旺盛な時期は、できるだけ子供がやりたいことをやらせてあげることも必要です。たとえば、泥遊びや、お絵かき、料理などなんでもかまいません。部屋が汚れたり、服が汚れたりして後片付けが面倒だとは思わないでください。また親があれこれ手伝ったりすると、子供の自立性や才能を奪うことにもなりかねません。家庭の中でこうしたのびのびとした時間を過ごすことも大切です。親が子供にできることは、基本的な社会のルールを教えること、過保護にならないように子供の才能や個性を伸ばしてあげること、自立できる大人にさせることです。

PR