赤ちゃんの夜泣き対策 赤ちゃんの夜泣きを楽にする方法
76views

赤ちゃんの夜泣き対策 赤ちゃんの夜泣きを楽にする方法

出産後は2時間起きの授乳と赤ちゃんのお風呂やおむつ替えで、世の中のお母さんたちは体を休める暇がありませんよね。その上赤ちゃんが夜泣きをしてしまっては、お母さんが泣きたくなってしまいます。赤ちゃんの夜泣き対策についてご紹介しましょう。

赤ちゃんの夜泣き対策 どうすれば良い?

お昼にたくさん起きて活動し、夜にはしっかりと寝てくれるのが理想ですよね。でも、ある時期から急に毎晩泣き叫ぶようになってしまう・・・。夜泣きはどうして起こるのでしょうか?まずは、夜泣きが起こるしくみから見てきましょう。後ほど夜泣き対策についてもご紹介します。

夜泣きはなぜ起こるの?

赤ちゃんの夜泣き対策

赤ちゃんが夜泣きをするのは、赤ちゃんの発達に関係があるようです。夜泣きは、生後6か月から1歳頃までによく起こります。これは、生後6か月くらいから、赤ちゃんの体内時計の働きが整ってくるからです。

赤ちゃんは生まれてすぐから生後1か月くらいまでは、2時間おきの授乳で、お腹が減ると泣いておっぱいを飲み、満腹になると寝るという生活リズムになります。この時期は、夜泣きがあったとしても、満腹になると寝てしまうことが多いです。

生後6か月くらいになると、赤ちゃんの体内時計が働き出すため、だんだんと夜にまとまって寝てくれるようになります。ただ、その睡眠のリズムはまだまだ発達段階であるため、浅い眠りのときには、起きてしまって夜泣きになってしまいます。また、赤ちゃんは寝ているときにも、昼間に起きたことを夢の中で反復しており、その夢の中で怖い経験を思い出してしまい夜泣きにつながるとも言われています。

初産は夜泣きに悩まされやすい?

初産は夜泣きに悩まされやすい?

一人目の場合は、子育ての経験が浅いため、夜泣きに苦労されるママさんたちが多いようです。二人目、三人目となると、子育て経験も豊富になります。夜泣きをしてもあやしのコツを覚えているため、それほど苦にはならないはず。初産で初めて赤ちゃんを育てるママさんは、夜泣きに悩まされる確率が高いのかも・・・。

赤ちゃんの夜泣き対策はこちら

抱っこでトントン

【生活のリズムをつける】
昼間にしっかりと起きて遊んで、夜に寝るという生活リズムをつけることによって、夜泣きをすることが少なくなる場合があります。昼間に寝てばかりいると、夜に目が覚めてしまい、しっかりと眠ることができません。昼間にお散歩をして太陽の光を浴びて、夜に眠るという生活リズムをつけてみましょう。歩けるようになってくる月齢になったら、よちよちあんよでお散歩をしても良いですね。また、児童館や公園など、同じ年齢のお友達がいる場所へ出かけて一緒に遊ぶと、刺激になって夜にしっかりと寝てくれることもありますよ。

【抱っこでトントン】
夜泣きをするのは、不安な気持ちがいっぱいで、ママを探しているということ。抱っこをして、赤ちゃんを落ち着かせてあげましょう。夜泣きが激しいと、どうしてもママはイライラしてしまいがちですよね。でも、イライラとした気持ちでは、赤ちゃんを泣きやませることはできません。一呼吸おいて、赤ちゃんのことを思いながら背中をさすってあげましょう。抱っこでトントンとすると、赤ちゃんが安心して泣き止んでくれます。

【真夜中のドライブ】
車でゆられていると眠たくなることってありませんか?赤ちゃんも同様、車でドライブをしていると寝てくれることがあります。夜泣きをして夜のドライブに出かけるという先輩ママさんたちも多くいらっしゃいます。どうしても寝付いてくれないようであれば、夜のドライブに出かけてみましょう。赤ちゃんの夜泣きをおさえることができるかもしれません。

PR