育児ストレスで過食・・・気が付けば大変なことに!過食とストレスについて
144views

育児ストレスで過食・・・気が付けば大変なことに!過食とストレスについて

出産後は、慣れない赤ちゃんのいる生活で生活のリズムが狂い、色々とストレスが溜まるもの。気が付けば、自分の唯一のストレス解消が食べることだけで、ものすごい体重が増えてしまった、というママも少なくありません。そこで、どうやって育児ストレスで過食をしてしまうことに向き合っていくのかについてまとめました。

育児ストレスになる理由

育児ストレス

体が重かったり、上手く動くことが出来なかった妊婦時代が終わったと思ったら、出産を終えて、体はかなりお疲れで、産前前の体に戻そうと急速に変化をしている最中から、赤ちゃんとの育児が始まるママ。本当に、一人で過ごすだけでも大変なのに、赤ちゃんのお世話をしたりと育児ストレスが溜まるのは当然のことです。さらに運動不足に加えて、赤ちゃんをむやみやたらと外に出すことも出来なくて、結局いるのはいつも家の中。ただでさえ、四六時中泣いているばかりの赤ちゃんと1対1の密室育児をしなければならないので、ストレスが溜まらないわけはありませんよね。

食べることがストレス解消!

育児ストレスで過食

運動不足なのにも関わらず、家に引きこもってばかりのママにとって楽しみと言えば、食べること。食べてしまうことで、ストレスが解消されるのですが、また食べてから自己嫌悪になりストレス。そのストレスが解消出来ないのに、また食べてしまう・・・これでは、負のルーチンに陥ってしまいます。これを改善しなけば、育児ストレスで過食をしてしまうのを防ぐことができません。

育児ストレスのママと過食の理由・・・

育児ストレスのママと過食の理由・・・

実は、産後の育児とストレスと過食にはきちんとした理由があるのです。この理由をきちんと把握すると「自分の変な食欲はこのせいだ!」と頭で理解することが出来るでしょう。そうすると、また食べたくなるときに「自分の心の弱さではない」と思うことができ、意外と食べることに執着しなくなる可能性もあります。そこで、きちんとした原因を挙げてみましょう。

ホルモンのバランスの乱れによるもの

産前から産後にかけて、想像以上にめまぐるしく女性のホルモンバランスが変化します。これは、出産に向けてのホルモンバランスから、母乳を作るため、そして次回の妊娠に備えて通常のホルモンバランスに戻そうとする人間の力によるものです。ただし、このホルモンバランスが、赤ちゃんの育児などで生活リズムが崩れ、きちんとしたホルモンバランスに戻らないことがあります。人は、ストレスを抱えると「セロトニン」というホルモンの分泌が減少してしまいます。セロトニン自体を増やすためには、タンパク質が必要なのですが、育児ストレスで過食をしてしまう場合に、タンパク質ではなく、お菓子やパン、ご飯など炭水化物ばかり食べると、セロトニンが増えないので、さらにタンパク質を欲してしまうことになります。そのために、過食と言う悪循環が生まれるのです。

授乳中はどうしてもお腹が減る!

授乳中はどうしても、お腹が空いてしまいます。それは、自分が食べた栄養素の一部が母乳となって生成されるために、甘いもの、そして食べ物を欲してしまうのです。しかしながら、いくら母乳中とはいえ、運動不足であるために、多くご飯を食べてしまうとカロリーオーバーになりかねません。どうしても、授乳中だからというところが気を許してしまう可能性があるのです。

どうやって改善する?

育児ストレスがある場合には、ひとつの解決方法として、産後3か月くらいから、どんどんとお散歩などで木浴に出かけてみましょう。ベビーカーをひいて、少し散歩をするだけでも気分転換になr、リフレッシュすることができます。また、誰かと話すということも大切です。自治体では、ママが気軽に行ける交流の場が多数あります。そういうところで、同じ境遇のママと話すということも気分転換になりますよ。

PR