ママの忍耐力も極限まで!3歳の反抗期との付き合い方!
207views

ママの忍耐力も極限まで!3歳の反抗期との付き合い方!

3歳の反抗期は子供の自立心が目覚めるときでもあるため、自分の意思を伝えるために、泣いたり暴れたり、癇癪などを起こします。この時期は、ママも精神的にも体力的にも忍耐力が限界になってしまうこともあるでしょう。一時的なものだとはいえ、この時期はママもストレスを解消しながら付き合っていくしかありません。

3歳の反抗期はベテランママでもお手上げの時期です

3歳の反抗期はお世話をするママも大変なのです!

3歳の反抗期は、子育てって大変なんだなと、ママが初めて実感する時期でもあります。でも子供にとっては、精神的に成長するための大切な過程でもあるのです。

これまで、ご飯を食べるのも、服を着るのも、遊びをするときも、すべてママの手を借りて行ってきました。それが、2~3歳ぐらいになると、自我というものがだんだん目覚めてきます。

そのため、
自分でいろいろやりたい!ママの手助けなんていらない!自分の力で自分の好きなようにやるんだ!
という気持ちが強くなってくるのです。

3歳の反抗期はお世話をするママも大変なのです!

どころが、自分の意志が通らなかったり、自分が思うように出来なかったりすると、どうしてできないのかと猛烈に怒ったり、泣いたり、癇癪をおこしたりするのです。

本人にとっては、人生の一大事でものすごい大事件なのですが、周囲の大人から見ると、どうしてそんなことぐらいで物凄く感情を爆発させて、泣いたり暴れたりするのかと、とても手こずります。

3歳の反抗期の程度については、お子さんの性格にもより、個人差もあります。
今まさに3歳児を子育て中のママは、突然のお子さんの豹変ぶりに手を焼いたり、悩んだりすることでしょう。

この時期、ママは感情的にならないで!

この時期、ママは感情的にならないで!
3歳の反抗期は、ママ自身が精神的にも追い詰められてくる時期でもあります。

わがままを言って暴れ続けるわが子に対して、感情的にイライラし怒鳴りつけてしまったり、思わずパシッと叩いてしまったりすることも出てくるかもしれません。
怒鳴ったり、叩いてしまった後に、しまった……と自己嫌悪に陥る方もいれば、ママの方がうつ病になってしまったり、虐待に陥る可能性も出てくるかもしれません。

反抗し続ける子供を、ママがずっと一人でみていると、やはり精神的にもよくありません。
冷静さを保ち続けるのが難しくなってきたら、一時的でもよいので、子供から離れてみましょう。

トイレに籠るだけの数分間だけでも、ホッとできる1人の時間が必要です。
また休日は、パパに子守りを頼んで、1人でカフェに行ったり、映画を見たりする時間を作ると、3歳の反抗期を乗り越えることができるでしょう。

3歳の反抗期はいつ終わるの?

個人差もあります

3歳の反抗期は一体いつまで続くのか?ママにとっては大きな疑問ではないでしょうか。
数か月で終わってしまうこともあれば、一年にも及ぶこともあります。
でも、毎日24時間続くということはありません。機嫌のよいときもあれば、反抗する時間もあるということです。

一日のお子さんの様子を見てください。
楽しくおもちゃで夢中で遊ぶ時間もあれば、癇癪をおこしたり、泣いたり、駄々をこねるときもあります。

そこで、このママ泣かせの反抗期を少しでも減らすには、ある程度、子供の選択肢を用意して、子供が自分の意思で選んで行動している状況を作り出せばよいのです。

洋服や靴は何種類か用意しておく

洋服や靴は何種類か用意しておく

反抗期の時期、洋服を着替えるだけでも大変ということがあります。
そこで、あらかじめママが上に着る服と下に着る服を何枚か用意しておき、お子さんに選ばせましょう。
靴をはかせるときも、玄関にあらかじめ何足か用意しておくといいでしょう。
この時期は、子供の意思をできるだけ尊重し、さらに子供が1人で脱着できるものを選んでおくとよいでしょう。
子供自身に選ばせることによって、お着替えの時のグズグズを少しでも減らすことができます。

洋服以外にも、スーパーでのお菓子選びなども、あらかじめママが最初にお菓子売り場へ行ってお菓子を何点か選び、その中から子供に選ばせるとよいでしょう。
最初にお菓子を選ばせた後、後は子供をカートに乗せて、ゆっくりとお買い物をすることができます。
この子供に選ばせるという方法は、いろいろな応用ができますので、反抗期に感じるママのストレスを少しでも減らすことができますよ。

PR