子どもの貧乏ゆすりの原因は?どうやってなおせば良いの?
454views

子どもの貧乏ゆすりの原因は?どうやってなおせば良いの?

子どもの貧乏ゆすりは、親にとってとても気になるものですよね。一緒のテーブルで食事をしているときに子どもが貧乏ゆすりをすると、やめなさいと注意をするのではないでしょうか?貧乏ゆすりが習慣化しないためにはどうすれば良いのでしょうか。子どもの貧乏ゆすりの原因と改善方法についてご紹介しましょう。

何とかしたい!子どもの貧乏ゆすり

子どもの貧乏ゆすりを何とかやめさせたいと思う親は多くいらっしゃることでしょう。子どもはどうして貧乏ゆすりをするのでしょうか?まずは、子どもの貧乏ゆすりの原因からみていきましょう。

子どもの貧乏ゆすりの原因は?

子どもの貧乏ゆすりの原因は?

子どもの貧乏ゆすりはなぜ起こるのでしょうか?子どもの貧乏ゆすりは、足にあらわれるチック症という説があります。チック症は、トウレット症候群とも言われており、言葉がうまく話せなかったり、突発的に体の一部が一定の速度で動いてしまうことを言います。言葉を繰り返して話してしまうことを、トウレット症候群と呼びます。

子どもの貧乏ゆすりは、足に現れてしまうチック症だという説があります。大人の方の中にも、貧乏ゆすりが癖になっている方がいらっしゃいますよね。この貧乏ゆすりは、子どものころにチック症が足に現れてしまい、それが癖づいて、なおらなかったためだと考えられています。

子どもの貧乏ゆすりが起きるときには、無意識のうちに足の筋肉が動いてしまっています。親が子どもの貧乏ゆすりをみると、やめなさいと注意をしてしまうことが多いと思いますが、これは思わぬ結果を招くようです。

子どもの貧乏ゆすりは「やめなさい」と注意しない

子どもが貧乏ゆすりをしているときには、「やめなさい」と注意をしてはいけません

子どもが貧乏ゆすりをしているときには、「やめなさい」と注意をしてはいけません。それは、無意識のうちに足が動いてしまっているため、注意をすると帰って逆効果になることがあるからです。足に現れるチック症の貧乏ゆすりも、1年以内に自然になくなっていくため、何も言わない方が良いみたいです。

子どもの貧乏ゆすりは注目してほしい証

子どもの貧乏ゆすりは注目してほしい証

子どもが貧乏ゆすりをしていると、親は気になってしかたがないため、子どもに意識を向けることでしょう。子どもは、無意識のうちに、母親や父親の気を引こうとしています。貧乏ゆすりをすると、必ず注意をされる、そしてそのことで、親は自分に注目をしてくれます。

話をきいてほしい、もっと自分にかまってほしいという思いが強い子どもの場合、貧乏ゆすりが出てしまうことがあります。なので、やめなさいという注意をしたのでは、一向にやめてはくれません。もし、子どもの貧乏ゆすりをやめさせたいのであれば、もっと親が子どもの話に耳を傾け、子どもと向き合って話をするべきです。貧乏ゆすりをする子どもをガミガミとしかるのではなく、しっかりと話を聞いてあげることが、貧乏ゆすりをやめるきっかけにつながります。

貧乏ゆすりをしているとき、子どもの心の状態はイライラとしています。話を聞いてほしいのに、パソコンやテレビに集中していて、自分の話を聞いてくれていないとき、家計簿や料理、洗濯などをして、上の空のときなどに子どもが貧乏ゆすりをします。子どもが強いストレスを感じていると気づき、イライラの原因をさぐってみましょう。子どもは、ストレスを抱え込まないようにしようと、逃避行動として貧乏ゆすりをします。心が緊張しないようにサポートをしてあげることが、親の大切な役割です。頭ごなしに叱るのではなく、子どもの心に寄り添ってあげましょう。見方を変えるだけで、子どもの貧乏ゆすりを簡単に治すことができるでしょう。

PR