まさか!こんなことが乾燥肌のきっかけに!赤ちゃんの乾燥肌の原因とは?
45views

まさか!こんなことが乾燥肌のきっかけに!赤ちゃんの乾燥肌の原因とは?

毎日の赤ちゃんケアって本当にたくさんあって大変ですよね。しっかりやってるつもりでも気になることがたくさん!そんな気になる赤ちゃんのケアでこの時期に特に気になる人が多いのが”乾燥肌”ではないでしょうか?赤ちゃんの乾燥肌の原因や正しいケアの方法をチェックしていきましょう!

赤ちゃんのお肌ってとてもきめが細かくてツルツルでとっても柔らかいですよね。そんなカワイイ赤ちゃんのお肌が乾燥しちゃったら大変!気になる原因をまずみていきましょう!

赤ちゃんの乾燥肌の原因はこんなにも!

お風呂の温度などは大丈夫?

赤ちゃんの乾燥肌の原因はお風呂の温度!?

ベビーバスなどで”沐浴”をしているときには温度をしっかりと管理していた方でも一緒に入るようになってから温度の管理はできていますか?現在は自動で一定温度でお湯張りなどをしてくれるものが増えたので温度管理も容易になってきましたよね。でもどうしても寒い時期になると「追い炊き」などをして湯船のお湯を温め直したりする方が多いのでは?赤ちゃんに対しても「しっかりと温めないと!」と大人の感覚で温度を調整してしまっていませんか?

赤ちゃんの乾燥肌の原因はお湯の温度を40℃以上にしていること!?

寒い時期になるとお湯の温度を40℃以上にしていると赤ちゃんにはとくにNGなんだそう。皮脂が落ちやすくなるそうで、それに伴い痒みを感じやすくなるそうですよ。お湯の温度はややぬるめ「38〜39℃」がベストなんだそうですよ!

お風呂では「入浴時間」と「身体などの洗い方」にも注意!

ついつい赤ちゃんとの入浴が楽しくて長風呂になってしまう方もいるかと思いますが、それも乾燥肌対策としてはNG。身体から皮脂が取れてしまいますよ。そして身体を洗う時、スポンジなどを使ってゴシゴシとこすっていませんか?赤ちゃんの肌はとってもデリケート!ゴシゴシすることで大切な皮脂を取ってしまうことになってしまっているかもしれませんよ!まだ小さいときは手でこするだけでも十分にキレイに汚れは落ちますよ。

お部屋の湿度は大丈夫?

赤ちゃんの乾燥肌の原因は部屋の乾燥

加湿器を使う方が増えてきているので乾燥し過ぎというお部屋も減ってきているかもしれませんが、意外と部屋って乾燥しやすいんですよ。特に冬の暖房は乾燥しやすいです。赤ちゃんの快適な湿度は「50%台」とされています。ぜひとも”湿度”を気にしてみてくださいね。

服は着せすぎていませんか?

着せすぎは赤ちゃんの乾燥肌の原因に

赤ちゃんは自分で服を着たりしての体温管理はできません。だからといって”着せすぎ”はNG。着せすぎで汗をかいてしまい、その汗が蒸発することでさらに乾燥を招いてしまうんだとか!体温調整がしやすいようにベストを用意したり、赤ちゃんの様子などをしっかりと観察しこまめに脱がせたり、着せたりをするようにしてくださいね。

赤ちゃんの乾燥肌対策はとにかく保湿を!

赤ちゃんの乾燥肌対策はとにかく保湿

入浴後は即保湿!!

大人でもそうですが、特にお肌の弱い赤ちゃんには入浴後の保湿をしっかりとするようにしてください。入浴後すぐからどんどん水分は蒸発していっていますよ!

保湿をしっかりと!

保湿剤にはいろいろ種類がありますが、一般的な赤ちゃん用の保湿剤でOK。たっぷりと保湿をしてあげるようにしてくださいね。特に乾燥が気になるようなところがある場合は、ワセリンや馬油、ホホバオイルなどを使うのもいいそうですよ!

乾燥は赤ちゃんにとってツライ!

乾燥をそのまま放っておくのは絶対にやめてくださいね。乾燥しているお肌からは雑菌などが入りやすい状態に。風邪や下痢などといった”まさか!”の症状に悩まされることもありますよ。乾燥が酷くなり身体をぼりぼり掻いてしまうとさらに大変!さらに出血などをするとさらに薬などでケアをすることも。もっとひどくなってしまうと場合によっては入院治療をすることもあるそうですよ!そうならないように日々のケアを大切にしてくださいね。

日々の保湿ケアでなかなか改善しないときは小児科や皮膚科などを受診し、しっかりとその状況をみてもらうようにするといいですよ!

PR