最初はドキドキ!赤ちゃんの歯磨きを始める時に注意したいコトとは?
58views

最初はドキドキ!赤ちゃんの歯磨きを始める時に注意したいコトとは?

生まれたばかりの赤ちゃんでも半年を過ぎると、かわいい歯が生えてきます。せっかく生えてきた新しい歯、親としては虫歯にしたくないですよね。そこで、ここでは赤ちゃんの歯磨きの方法を詳しく紹介します。これさえ押さえておけば、かわいい赤ちゃんの歯を守ることができますよ。

歯磨きはいつから?1日何回するの?

理想は歯が生え始める6カ月くらいから

赤ちゃんの歯磨きをスタートさせるのは、6カ月~1歳くらいが良いでしょう。この時期は、間食もないですし、唾液の自浄作用で十分に清潔を保つことができるので、しっかり磨くのではなく歯ブラシに慣れさせる感覚で行いましょう。ママやパパがゆったり構えることが大切ですよ。
理想は歯が生え始める6カ月くらいから

1日何回するの?

赤ちゃんの歯磨きは、1日1~2回すれば十分です。基本的には朝と夜寝る前が良いですが、歯磨きに慣れるまでは、赤ちゃんの機嫌の良い時にしてあげるのも良いでしょう。慣れてきたら、食後の歯磨きなどをして、少しずつ回数を増やし、規則的に行いましょう。特に、寝る時は唾液の量が減り虫歯になりやすいので、寝る前は必ず歯磨きをしてあげるようにしましょうね。

歯磨きデビューをスムーズにするには?

赤ちゃんに合った歯ブラシを用意しよう

まずは、赤ちゃん用とママが使う仕上げ磨き用の2本を用意しましょう。赤ちゃんは、まだ上手に自分で磨けないので、赤ちゃん用の歯ブラシはすぐに毛先が広がったりボロボロになります。そのため、歯ブラシは2本必要なのです。また、赤ちゃんは痛かったり、不快な思いをすると歯磨きを嫌がります。従って、歯ブラシは、ヘッドができるだけ小さく、毛が密集して柔らかいものを選びましょう。また、赤ちゃん用は、赤ちゃんが持ちやすい柄のものを選ぶと良いですね。赤ちゃんに合った歯ブラシを用意しよう

膝に寝かせて安心感を与えて

歯磨きを始めた頃は、赤ちゃんを膝に寝かせて、目を見ながら歯磨きをしてあげましょう。赤ちゃんも安心してスムーズに歯磨きデビューできますよ。

歯ブラシは細かく動かそう

赤ちゃんの歯はとても小さいので、歯ブラシの先端だけを使い、細かくふるわせるようにして動かしましょう。特に、上唇の内側の歯茎の付け根は、赤ちゃんが嫌がる場所なので注意して優しく磨きましょうね。できれば、この部分は、必ず人さし指で押さえて保護しながら磨くと良いですよ。

どうしても歯磨きを嫌がる時は?

大丈夫!根気よく楽しくなる雰囲気作りを!

大丈夫!根気よく楽しくなる雰囲気作りを!歯磨きは、泣いて嫌がる子もいれば、自発的に行う子もいるなど、本当に赤ちゃんによって違います。泣いて嫌がる子は、最初、慣れるまではお茶やお水を飲ませてあげて、口の中の食べかすを流すようにするだけでもいいですよ。また、ガーゼで軽く口の中を拭くだけでも良いでしょう。歯磨きの時間が楽しい時間であることを分からせるために、おもちゃを使って気を惹いたり、歌を歌いながらママも一緒に歯を磨いたりして、根気強く歯磨きに慣れさせていきましょうね。
どうしても心配な時は、キシリトールやフッ素塗布などの虫歯予防のための治療もあるので、歯医者さんに相談するのも良いですよ。

歯科検診デビューは1歳半頃から!

歯科検診デビューは1歳半頃から!生まれてすぐから1歳頃までは、口の中に虫歯菌はいないと言われていますが、年齢を重ねるにつれて徐々にリスクが高まります。従って、1歳半頃を目安に歯科検診を受けるようにしましょう。その子の口の中に合わせて、専門家が最適な予防をしてくれます。定期的なフッ素塗布を行い、ミュースタンス菌の検査などの虫歯予防をしておくことが大切です。

PR