あげないで!乳児にはちみつは危険 他にもある乳児に危険な食べ物はコレ
315views

あげないで!乳児にはちみつは危険 他にもある乳児に危険な食べ物はコレ

乳児にはちみつは危険なので、あげないでください。はちみつには、実は毒素の強い菌が付着しています。大人は体内で処理できますが、乳児は免疫力が弱いため抵抗する力がありません。他にも乳児に危険な食べ物があるので、ご紹介します。

離乳食が始まったら注意したい生後半年を過ぎた頃には、そろそろ離乳食が始まります。ママは、美味しいものをいっぱい食べさせてあげたいって期待に胸をふくらましているかもしれませんが、乳児は消化器官が未成熟なため、細菌に気を付けなければなりません。特に気を付けたいのがはちみつです。乳児にはちみつは危険って知っていましたか?はちみつには、ボツリヌス菌が付着しているため抵抗力のない1歳未満の乳児には危険な食べ物になります。

乳児にはちみつが危険な理由

はちみつにはボツリヌス菌が付着している

はちみつにはボツリヌス菌が付着しているはちみつは天然のものなので、加熱処理をしていないことが基本です。そのため、食中毒の原因菌になる猛毒ボツリヌス菌が付着している可能性が高い食べ物になります。乳児でなければボツリヌス菌が体内に入っても、抵抗力によって全滅させられますが、1歳未満の乳児にはその機能がありません。乳児の体内に入ると一気に増殖して中毒になってしまいますので、生後1年を経過するまであげてはいけない食べ物になります。

乳児がボツリヌス菌に感染すると?

乳児がボツリヌス菌に感染すると、食中毒の一種、乳児ボツリヌス症を起こします。潜伏期間は最短で3日、最長で1カ月程度と個人差があります。
発症後には、機嫌が悪くなったり、ぐったりしたり、泣き声が小さくなったりします。神経にも影響するため、首のすわりが弱くなったり、無表情になったりします。さらに、もっとひどくなると呼吸器にも異常をきたし、死に至るケースもあります。また、他にも、便秘になったり母乳が飲めなくなったりすることもあります。

乳児ボツリヌス菌の治療法は?

乳児ボツリヌス菌の治療法は?乳児ボツリヌス菌の治療としては、まずは呼吸管理が重要になるため、集中治療室に入って治療を行います。呼吸管理や栄養管理を行い、便秘の場合には浣腸をします。致死率は1%~3%とそれほど高くはありませんが、乳児には抗毒治療を行わないため、完治までには数か月くらいかかります。

後遺症はあるの?

乳児ボツリヌス菌は、治療に時間こそかかるものの、治れば後遺症などはありません。しかし、治ってもうんちにボツリヌス菌が含まれているため、2か月間くらいは用心したほうが安全です。

はちみつ以外で乳児にあげてはいけない食べ物

食中毒のリスクがある食べ物

はちみつ以外で乳児ボツリヌス菌に感染する可能性のある食べ物はコーンシロップや野菜ジュースです。手作りの野菜スープで感染した例もあります。ボツリヌス菌は空気のないところで繁殖するため、しっかり加熱されていないレトルト食品や缶詰も感染の危険があります。家庭で作り置きしている瓶詰のものも、危険なので乳児にはあげないようにしましょう。
ボツリヌス菌以外では、魚や貝類も食中毒の危険があります。発酵食品も菌が付いているため、塩麹漬けの肉や魚なども乳児にあげない方が良いでしょう。

アレルギーを引きおこすリスクのある食べ物

アレルギーを引きおこすリスクのある食べ物アレルギーを引きおこすような食べ物も乳児にはあたえません。アナフィラキシーショックで生命を脅かす危険があります。
食べ物としては、そばや甲殻類、ナッツ類、ナッツ類を原材料にするオイルや乳製品、肉類や大豆、キウイやオレンジなどがあります。

食中毒とアレルギーを気にすると、結構たくさんの食べ物がNGになってしまいますが、離乳食中はちょっと大変でも十分用心した方が良いでしょう。

PR