困ったときの子供の癇癪の対処法!育児ストレスを軽くするために♪
203views

困ったときの子供の癇癪の対処法!育児ストレスを軽くするために♪

子供の癇癪の対処法を知っておけば、いつも子供に振り回されることがなくなります。すると心に余裕が生まれ、育児ストレスも軽くなることに。ここでは簡単にできる子供の癇癪対処法や上手な育児ストレス解消法を説明します。

これって癇癪を起しているの?

これって癇癪を起しているの?人に向かって物を投げたり強くたたいたり、また座り込んで暴れて大泣きするなどは癇癪と呼ばれています。感情的、暴力的な態度になるには原因がありますが、子供自身ではどうすることもできないジレンマから癇癪という行動に出るのです。

癇癪を起しやすい時期

大体2から4歳くらいの時に癇癪をおこしやすいといわれています。1、2歳ごろから自分はどうしたいかという自我が生まれてきますが、体は動かせるようになってもどうすればそれが叶えられるかがわかりません。

癇癪を起すのはなぜ?

気持ちが表現できない

自分の要望はあってもそれを望んでいることがわからない時もあり、さらにそれを叶えるにはどうすればいいかがわからないために癇癪をおこします。そして、親を呼びたい時やかまってほしいときにも表現の仕方がわからずにおもちゃを投げつけたり拳で強くたたいたりという態度をとることも。

両親の態度が一貫していない

両親の態度が一貫していないパパとママの態度が一貫していないと子供はなぜ同じことをしたにもかかわらず違うことをされるのかと不安になり混乱した結果癇癪を起こすことに。両親だけでなく、祖父祖母との関わりが強い場合はその間での一貫性のなさも子供が混乱し癇癪を起こす可能性があります。

子供の癇癪の対処法

強く怒らず抱きしめる

子供自身もどうして良いかわからず、暴れるなどをやめたいと思いつつできないところへ、強くしかりつけては逆効果に。子供を抱きしめて安心させ、落ち着かせてあげることから始めます。感情的になっているままでは気持ちの整理ができないため、心を落ち着かせつつ何がしたいのかなどを尋ねていきましょう。

思い当たる理由を口に出してあげる

自分では表現できない気持ちは、親が代わりに口に出してあげることで表現方法を教えます。子供自身では言葉が見つからなかった、どうしていいかわからなかったことを親が代わりに原因から結果にいたるまでを説明してあげることで、なぜ今感情的、暴力的になったのかが自分でも気づくことが可能に。納得のいく理由が見つかれば癇癪がおさまることも期待できます。

気持ちのコントロール法を学ばせる

気持ちを伝える優しい方法を伝えましょう気持ちがモヤモヤするときは何か原因があることを学ばせます。また、かまってほしい時に暴力的になる場合はその気持ちを伝える優しい方法を伝えましょう。例えば、ママを呼ぶとき物を投げたりたたいたりする時には「ママと呼んで優しくトントンしてくれたらわかるよ。」と伝えてあげることです。

癇癪に振り回されない育児ストレス解消法

「癇癪は起きても仕方がない」と割り切る

子供の癇癪は成長過程の中で起こる可能性があるもの。中には起こさず成長する子もいますが、癇癪を起したからといって心配はありません。見守ってあげる気持ちで余裕をもつことがストレスを抱えない方法になります。

どうしてもイライラがおさまらない時は

子供が癇癪を起こすと周りへの迷惑や泣き声などでイライラしてどうしようもない時もあるでしょう。つい子供にあたってしまうこともないとは限りません。そのような時は、子供の周りを安全な環境にして子供と距離をとります。「かまってあげない私は冷たい」と思わず、気持ちを冷静にするための時間ととらえ少し落ち着いてから子供の元へ行ってあげましょう。

PR