赤ちゃんの咳、原因は病気から来ているかもしれません。
72views

赤ちゃんの咳、原因は病気から来ているかもしれません。

赤ちゃんの咳の原因となるのは、ホコリや煙、食べ物などですが、「小児気管支ぜん息」や「副鼻腔炎」といった、のどや鼻の病気から来ている場合があります。それらの病気は、風邪やインフルエンザからもかかりやすくなります。

赤ちゃんの咳の原因

赤ちゃんの咳の原因赤ちゃんが咳をする原因ですが、のどに何か異物が入ったときに、それを取り除こうとして咳が出ます。異物として考えられるのは、ホコリ、煙、食べ物などですが、ウイルスが浸入した場合は、風邪やインフルエンザなどにかかっていることもあります。咳が続くことで、「小児気管支ぜん息」や「副鼻腔炎(ふくびくうえん)」などの病気にかかることもあるため、注意が必要です。赤ちゃんはしゃべることができませんから、お母さんは咳や熱などの症状で体調の悪さを知ることになります。赤い顔をしていたら熱があるかもしれませんし、ひどい咳が出ている場合は病院へ連れていってください。

風邪とインフルエンザの違い

風邪とインフルエンザの違いは、風邪が鼻水や咳といったわりと症状が軽いのに対して、高熱が出て関節が痛んだりするのがインフルエンザです。抵抗力のない赤ちゃんがインフルエンザにかかると症状が重くなり、脱水症状を起こしたり、まれに「脳症」などの合併症にかかることがあります。風邪やインフルエンザを防ぐには、大人ならマスクをしたり、うがいや手洗いをするといった方法がありますが、赤ちゃんの場合はそれらの予防が難しくなります。病気になるのを防ぐには、寒い日には家から外へむやみに連れ出さず、ウイルスを拾いやすい電車やバスの中などの人ごみを避けることでしょう。

小児気管支ぜん息とは?

マメに掃除を小児気管支ぜん息というのは、のどに炎症が起こることでかかりますが、特にアレルギー体質の赤ちゃんに多い病気と言われます。アレルギーの原因となるのは、ハウスダストや塵、ダニなどです。春先は、花粉なども原因となります。小児気管支ぜん息にかかった赤ちゃんは、「ゼーゼー、ヒューヒュー」といった激しい咳をします。このような咳は、おもに夜から朝にかけてひどくなります。小児気管支ぜん息にかかったらマメに掃除をするようにして、家の中からアレルギーの原因となるようなものを取り除き、赤ちゃんの根本的な体質改善をする必要があります。

副鼻腔炎とは?

副鼻腔炎とは?副鼻腔炎は、鼻の奥の副鼻腔(ふくびくう)という部分に炎症が起こる病気です。風邪を引いたときなどに、鼻のかみすぎなどで起こる場合があります。副鼻腔炎にかかったときに起こる症状はおもに鼻づまりですが、鼻とのどはつながっていることから、口呼吸をすることでのどにも炎症が起きて、咳が出る場合があります。副鼻腔炎には、急性のものと慢性のものがあり、慢性副鼻腔炎になると頭痛が起きたり、鼻水が止まらなくなったりします。赤ちゃんは息苦しい状態が続きますから、ぐずることが増えるかもしれません。なお、慢性副鼻腔炎は「蓄膿症(ちくのうしょう)」とも呼ばれます。

脳症とは?

脳症は、インフルエンザにかかった赤ちゃんがけいれんしたり、意識障害に陥るなどの重篤な症状が出る病気です。最初は、赤ちゃんの症状が落ち着いたように思え、眠ったかのようにも見えますが、まもなくけいれんが起こるということです。けいれんが起きたら、救急車を呼んで病院へ急いでください。赤ちゃんにこのような合併症を起こさせるインフルエンザは、とても怖い病気ということが言えるでしょう。脳症になってからだと急を要しますから、脳症のような病気を避けるためには、インフルエンザにかかったときにできるだけ早く治すことが大切です。

咳を予防する方法

熱をはかって状態を見ること赤ちゃんが咳をしていたときに、お母さんができることは、熱をはかって状態を見ることです。熱がないなら、部屋の中のホコリや食べ物などが器官に詰って咳き込んでいることも考えられます。部屋をお掃除したり、飲み物を飲ませたりするとよいかもしれません。咳が続く場合は、何か病気にかかっていることもあるので、小児科に連れていってください。春先なら花粉症ということもありえますし、のどではなく鼻が悪い場合もあるようです。たんなる風邪だと思っていると、インフルエンザだったということもあります。最初に何が原因かを突き止めてください。

PR