チック症の治療は薬だけじゃない!脳の機能は食事と睡眠でも改善する!
1,379views

チック症の治療は薬だけじゃない!脳の機能は食事と睡眠でも改善する!

チック症の治療は主に投薬で行われます。それはチック症が脳の伝達物質の誤作動や分泌不足であることがわかっているからです。そのため、脳の機能を阻害する食事や睡眠不足を避けることが大切です。同時に冷え対策を行い、さらにチック症の有無で態度を変えたり、叱ることをしないようにするなど、接する態度にも気をつけましょう。

チック症の治療は主に投薬

チック症の治療は主に投薬

成長期に運動や発声などに生じる繰り返し動作や意図しないのに発現する症状をチック症といいます。具体的には多すぎるまばたき、意味のないうなりなどがあります。チック症の治療は環境を変えたり、好きなことをさせたりしてリラックスさせることで緩和することがわかっています。それでも症状が思うように改善しない場合には投薬治療を行います。チック症は脳の神経伝達物質であるドーパミンやセロトニンなどの分泌が正常に行われていないために引き起こされることだと言われています。

チック症は一時的なもの?

多くの場合、チック症は一時的なもので何の治療もしなくとも自然に症状がでなくなるものです。しかし、チックの症状が酷い場合には自然に治ることを期待せずに積極的に治療することが望ましいと言われています。ただ、治療で多くの薬を飲んでもなかなか症状が改善しない場合はどうすればよいのでしょうか?薬以外でチック症を改善できる方法を紹介します。

【1】食事に気をつける

チック症は脳の伝達物質の異常だと言われています。最近では食事による脳への影響が徐々に明らかになってきています。その中でとくに気をつけたいのは精製された炭水化物やジャンクフード、食品添加物や人工甘味料、調味料の摂取です。これらの食べ物は代謝過程で血液成分やホルモン分泌に大きく作用します。そのため、食べた直後はなんともなくとも数時間、数日後に症状がでることもあります。

【2】睡眠の質を高める

チック症の家庭での治療

寝る前に飲食したり、明るい画面や灯りを目にすると睡眠の質が低下することがわかっています。成長期に睡眠が足りていないと日々の疲労が改善されず、細胞の成長の妨げにもなります。子どもの睡眠の質が下がっているときは寝起きが悪い、寝付きが悪い、寝言が多い、寝相が悪いなどの兆候として現れます。子どもと一緒の寝室でない場合では寝起きの悪さが決めてになります。また、寝起きが良い日と悪い日が極端である場合にも注意が必要です。子どもの睡眠の質を高めるためには夕食を早めに食べることも効果的です。大人の時間に合わせて食べると消化中に寝る時間になってしまうことがあるからです。仕事などの関係でどうしても夕食が遅くなる場合には朝に夕食用のお弁当を作ることもおすすめです。

【3】子どもも冷える時代

大人の女性が気にする「冷え」の問題は子どもにも広がっています。子どもの体が冷えると成長が遅くなったり、勉強の集中力が続かなくなったり、物事への意欲も低下します。体が冷えることで学習や内面に問題がでるように、見えない部分にも問題が生じることが多くなります。それが脳の機能低下によって起こるチック症の1つです。チック症はストレスよりも遺伝性が強いと言われいますが、その理由の1つに行動様式が似ていることも挙げられます。このため、親がチック症である、もしくはチック症になったことがある場合はそうでない場合に比べてチック症の症状が出やすくなります。例えば、入浴の仕方やフローリングを素足で歩くなど体を冷やす習慣を親がしていると子どもも同じような行動をするようになります。何気ないクセが冷えの原因になっていないか確認しましょう。

チック症の治療に大切なこと

チック症の治療に大切なこと

チック症は見ための不快感や奇異なことが原因でからかわれたり、いじめられたりする原因になります。親にとっても育児を否定された気持ちになるため辛い思いをすることもありますが、もっとも辛いのは本人です。チック症状によって周囲から様々なプレッシャーがかかることは人間関係においても、本人の自尊心やアイデンティティーの確立とってもマイナスに働きます。そのため、症状が酷いときには学校を休ませるということも選択肢にいれることが大切です。さらに、チック症状に対して過度に反応しないことも重要です。チック症状は意識すればするほど多く発生する場合があるからです。「チック症状がでても、でていないくても周囲の人が自然と接してくれる」という環境も治療効果に大きく作用するので、あくまでも淡々と接することが大切です。

PR