初めての高熱!新生児の発熱は慌てずに様子を見ましょう。高熱は病院へ。
39views

初めての高熱!新生児の発熱は慌てずに様子を見ましょう。高熱は病院へ。

一般に育児書などを読むと生後三か月ぐらいまでは母体からの免疫があるため、赤ちゃんは病気にかかりにくく熱をあまり出すことはないと言われています。ところが高熱を出した場合、どうしたらよいのでしょうか。新生児の発熱は37.5度以上だと大丈夫なのですが、38.5度以上の高熱の場合は病院で見てもらいましょう。

新生児の発熱はまずは様子を見ること!

発熱の目安は37.5度から

新生児の発熱

初めてママになる方にとって、新生児の発熱はとても心配になることだと思います。赤ちゃんの顔色や機嫌、おっぱいやミルクの量、おむつに出ているおしっこの量などをまず調べましょう。いつもと同じか、ちょっと機嫌が悪いぐらいであれば、まあ大丈夫でしょう。

えっ?寒いかなと思っていたのに……

新生児の頃は、体温調節がまだうまく働きません。そのため、洋服を着せ過ぎたり、毛布や布団などを被せ過ぎたりすると、体温も急上昇してしまうこともあります。よくあるのが、発熱したから病院へ連れて行き、病院の待合室で待っていたら、平熱に戻ってしまった……といったケースもあります。エアコンの設定温度にも気をつけましょう。

赤ちゃんは大人に比べて体温が高め

赤ちゃんは大人に比べると体温が高い傾向があります。また授乳後や寝ているときは体温が上がりやすいので、新生児の発熱は高温でなければ、さほど驚く必要はありません。あらかじめ一日の体温変化を記録しておくと、多少の体温変化に慌てなくてすみます。

新生児の発熱で高熱が出た場合

新生児の発熱で高熱が出た場合

生後三カ月までの高熱で考えられる病気について

この時期にかかりやすい病気は中耳炎です。まずママは赤ちゃんの耳を触ってみましょう。耳を触ると痛みがあるため、触られるのを嫌がり、泣きます。

生後三カ月過ぎると免疫力が落ちます

生後三カ月過ぎの高熱は、免疫力が下がるときなので、風邪をひきやすくなります。気管支炎にもかかりやすい時期です。赤ちゃんが咳をしたり、鼻水が出ていれば、風邪のウィルスに感染した可能性があります。

生後半年からかかりやすい病気について

生後半年を過ぎると、突発性発疹や、風疹、インフルエンザなどにかかりやすくなります。身体にブツブツと発疹ができていないかもチェックしてみましょう。のどが赤く腫れていると、インフルエンザに感染した疑いもあります。

1歳過ぎにかかりやすい病気について

はしかにかかりやすい時期です。口の中に白い点々があったり、全身に発疹がでます。

兄弟がいる場合は気をつけましょう

新生児の時は、免疫力があるため、あまり病気の感染はありませんが、兄弟がいる赤ちゃんは感染しないように気をつける必要があります。病気の兄弟と部屋を分けて家庭内で隔離する必要があるでしょう。

こんな時は救急外来へ

新生児の発熱で高熱が出たの対応

受け入れ先の病院をまずは確保する

けいれんがある時や、何度も吐いたり、下痢が止まらないとき、呼吸がおかしい時、手足が冷たい時は、自分の住んでいる地域の救急外来受付センターに電話をかけ、受け入れ先の病院へ急ぎましょう。

自宅での看護の仕方

水分補給は母乳が粉ミルクであげましょう。新生児の場合、乳児用のイオン水は低月齢のため、飲めないので注意が必要です。高熱が続く場合、脱水症状になってしまう可能性があるので、こまめに水分を与える必要があります。

40度以上の高熱は頭を冷やしましょう

赤ちゃんの場合、42度以上の高熱が出た場合、脳細胞にダメージを与えてしまう可能性があります。氷を包んだタオルなどで頭を冷やしてあげましょう。冷やしすぎると、低体温になってしまうため、こまめに体温を測定しながら様子を見ましょう。

PR