可愛いわが子がイライラの原因に!育児ストレスの改善方法とは?
65views

可愛いわが子がイライラの原因に!育児ストレスの改善方法とは?

育児ストレスの改善法は、ストレスを感じたらまず子供から離れることが一番です。トイレでもよいので、短時間だけでも、静かな自分だけの時間を作ることが大切です。また子供をパパやじいじやばあばなど自分の家族に一時的に預けるだけでも、かなりストレスを緩和できます。短時間だけでも自分の時間を作りましょう。

育児ストレスは誰でも感じることです!

出産後からがママにとっては忍耐の連続!

育児ストレスは誰でもなる

育児ストレスの改善方法は、ズバリ子供と離れる時間を少しでも減らすことではないでしょうか。出産後から、ママは子供の面倒を見続け、かなり肉体的にも、精神的にも疲労困憊になってしまいます。そんな時、子供が自分の思うようにいかないことが続くと、かなりのストレスを感じることでしょう。

新生児時代の育児ストレスの改善法とは

出産後、一番つらい時期があります。それは出産後、病院から自宅へ戻り、赤ちゃんのお世話をする時です。入院中は、病院側で赤ちゃんの面倒を見てくれたため、睡眠時間がある程度は確保できましたが、退院後自宅へ戻ると、いよいよ本格的に赤ちゃんのお世話が始まります。生まれたばかりの赤ちゃんは、とにかく物凄く泣きます。授乳は2時間ごと、下手したらずっとおっぱいを吸い続けます。おむつが濡れたら物凄い声で泣くし、ベッドの上に静かにおいても、おいた時の振動でまたギャン泣きします。夜は夜でまとまって眠ってくれません。夜中、ギャンギャン泣くため、だんだんママも精神的に追い詰められていってしまうこともあるのです。こんな状態が一か月ほど続きます。新生児時代の育児ストレスの改善策は、短時間でもよいので、赤ちゃんと離れる時間を作ることです。

新生児、1歳、3歳が一番ストレスを感じるときです

生後一か月を過ぎると、少し楽になります

新生児の時の育児ストレス

生後一か月の間は、赤ちゃんは睡眠サイクルが定まっていないときなので、お世話をするママにとっても、満足に睡眠が取れずにイライラしてしまうのではないでしょうか。でもだんだん夜にまとまった睡眠を取るようになってくるので、生後1カ月の間は、とにかく忍耐で耐えていきましょう。

1歳のイヤイヤ期で手を焼きます

1歳の時の育児ストレス

二番目に手がかかる時期は、1歳のイヤイヤ期です。第一次イヤイヤ期と呼ばれる時期で、自己主張が芽生えるときでもあり、来る時期には個人差があります。1歳過ぎてから始まる子もいれば、2歳過ぎて初めての反抗期が来る子供もいます。一度駄々をこねたら、何時間も付き合うはめになってしまうため、ママもかなり苦戦します。

魔の3歳は戦いです

3歳の時の育児ストレス

3歳は、第二次イヤイヤ期です。魔の3歳児という言葉を育児書や育児雑誌などで、見たり聞いたりすることはありませんか?3歳の時期は、自分のやりたいことをとにかく強調します!手も足も力一杯動かしながら、大泣きして訴えるので、とにかくママはストレスが溜まります。

育児ストレスの改善法をいくつかご紹介します

改善法その1

育児ストレスの改善法は、やはりストレスの原因となる子供から一時的でもよいので離れることです。苦戦するのはやはり、新生児の時と、1歳、3歳の時期です。ママと子供がずっと二人きりだと、どうしても行き詰まりを感じてしまいます。新生児の時は、安全な囲いのあるベビーベッドに赤ちゃんを一時的において、短時間だけでもトイレにこもり、自分だけの時間を作るとよいでしょう。1歳、3歳の時期は、子供も力強くなりかなり力一杯反抗するようになるため、ママはできるだけ感情的にならないようにしなければなりません。反抗するわが子にイライラを感じたら、すぐにその場を離れましょう。キッチンでお茶を飲んだり、甘いチョコレートを一かじりすると、だいぶ落ち着きます。

改善法その2

子供を預けましょう。自分の親やパートナー、あるいは近隣にある保育園の一時保育のサービス、民間の託児所の一時預かりなどを利用してみましょう。

改善策その3

これまで仕事をしてきた方の場合、家庭の中で子供と二人きりの状態は精神的にも煮詰まってくることでしょう。そこで思い切って子供を保育園に預けて、働くのもよいでしょう。外に出て働くことによって、気分がだいぶ切り替えられます。

PR