赤ちゃんの臍ヘルニアは治療すべき?子育ての不安を解決します!
159views

赤ちゃんの臍ヘルニアは治療すべき?子育ての不安を解決します!

赤ちゃんの臍ヘルニアは決して珍しいことではありません。俗に言うでべそですが、赤ちゃんの場合は泣いた時に大きくなるため、放置して大丈夫なの?と心配するママも多いようです。では、我が子が臍ヘルニアの場合、どのような対処をすれば良いのでしょうか?

臍ヘルニアって?

赤ちゃんのでべそ

臍ヘルニアと聞いてもイメージできない人が多いかと思いますが、簡単に説明すると赤ちゃん特有のでべそのことを指します。赤ちゃんは、ママのお腹の中にいる時にへその緒で繋がっています。このへその緒があった穴がうまく閉じていない状態が臍ヘルニアです。

赤ちゃんのでべそは臍の緒があった穴がうまく閉じてない

でべそと聞くとそれほど重大でないように感じますが、赤ちゃんの臍ヘルニアは泣いた時やいきんだ時などお腹に力を入れた時に大きくなりやすいのです。大きさは赤ちゃんによって異なりますが、ピンポン玉くらいの大きさになることもあります。そのため、大きくなった臍ヘルニアを見て不安に思うママが多いのです。

珍しい症状ではありません

我が子が臍ヘルニアの場合、異常なのでは?と不安に思ってしまいますよね。しかし、臍ヘルニアは多くの赤ちゃんに見られる症状です。割合としては5人から10人に1人の赤ちゃんが臍ヘルニアと言われています。このように、臍ヘルニアは決して珍しい症状ではありません。

赤ちゃんの臍ヘルニアは、生後1ヶ月から3ヶ月に見られることが多いようです。臍ヘルニアが大きくなると破れてしまうかもしれないと不安に思いますが、臍ヘルニアが破れることはありません。押すことでお腹の中に戻りますが、赤ちゃんがお腹に力を入れると再び臍ヘルニアが大きくなります。

臍ヘルニアの治療

臍ヘルニアは放置して良いの?

臍ヘルニアはその見た目から不安になりがちですが、特に治療の必要はありません。前述したように臍ヘルニアは破れないため、放置していても問題はありません。ただし、赤ちゃんが引っ掻いて傷つけてしまう危険性があるため、ママは注意する必要があります。

あかちゃんが臍ヘルニアを傷つけないように気を付ける

赤ちゃんの臍ヘルニアは生後1ヶ月から3ヶ月頃に多く見られますが、その後ハイハイなどを覚えていくにつれて次第に症状は改善されていきます。このように赤ちゃんのお腹に筋肉が付けば自然に治りますので、それほど心配する必要はありません。赤ちゃんの臍ヘルニアのほとんどは、1歳までに自然に治ると言われています。

危険な自己治療

臍ヘルニアは基本的には治療をする必要はありませんが、中には自己判断で治療を行う人もいるようです。特に多いのが、5円玉を使った治療法です。5円玉をガーゼで包んで臍ヘルニアを抑えるという治療法なのですが、この方法は大変危険です。お金にはたくさんの菌が付着しており、赤ちゃんが菌に感染することが考えられます。また、無理に圧迫することで膿んでしまうこともあります。

このような臍ヘルニアの自己治療は昔から行われてきたようです。しかし、現代では決して行ってはいけない治療法として認識されています。臍ヘルニアが気になる気持ちは分かりますが、自己判断で危険な治療を行うことは絶対にやめましょう。

臍ヘルニアはお医者さんと治療の必要を相談しましょう

前述したように赤ちゃんの臍ヘルニアは基本的には治療の必要はありません。とはいえ、ママにとっては大きな不安の種になりますよね。そんな時は医師の診察を受けましょう。医師の診察を受けることで安心するママも多いはずです。また、1歳を過ぎても臍ヘルニアの症状が改善されない場合には医師の診察を受けましょう。1歳を過ぎても症状が改善されない場合、手術によって臍を形成することが多いようです。

PR