子育ての悩みを解決!はじめての歯みがきで重要なポイントとは?
24views

子育ての悩みを解決!はじめての歯みがきで重要なポイントとは?

子育てには様々な悩みが付き物ですが、はじめての歯みがきで悩むママも少なくないようです。赤ちゃんによっては歯みがきを嫌がってしまうため、なかなかスムーズに進めることができません。では、はじめての歯みがきではどんなことがポイントになるのでしょうか?歯みがきをスムーズに進められるポイントをまとめました。

歯みがきを始めるタイミング

いつ頃歯みがきを始めれば良いの?

いつ頃歯みがきを始めれば良いの?まず、赤ちゃんの歯はどのように生えてくるのかを知っておきましょう。個人差がありますが、だいたい生後6ヶ月頃になると下の前歯が2本生えてきます。1歳になると下の歯が4本、上の歯も4本程度生えます。その後1歳半で12本の歯が生えそろい、2歳頃までには乳歯が全て生えます。歯が生え始めると、心配なのが虫歯ですよね。では、はじめての歯みがきはいつ頃スタートするのがベストなのでしょうか?

赤ちゃんのはじめての歯みがきのタイミングは、歯が生え始めた時がベストです。前述したように生後6ヶ月頃が目安となりますが、はやい赤ちゃんだと生後2ヶ月で歯が生え始めることもあります。

まずは慣れさせることが大切!

歯みがきは、口の中を清潔にするために行います。しかし、赤ちゃんのはじめての歯みがきでは、まずは口の中を清潔にすることよりも歯みがきに慣れさせることが大切です。赤ちゃんにもよりますが、歯みがきをものすごい勢いで嫌がる子も中には居ます。そのため、口の中を清潔にするのは歯みがきへの恐怖心を無くしてからでも遅くはありません。

赤ちゃんの頃は、唾液の自浄作用によって口内が清潔な状態に保たれています。そのため、ママが歯みがきをしなければと神経質になる必要はありません。歯みがきに慣れさせるために、ガーゼや綿棒で歯を拭いてあげることから始めましょう。それでも嫌がるのであれば、はじめのうちは水を飲ませるだけでも十分です。

機嫌の良い時に歯ブラシを使って歯みがきに挑戦口の中を拭くことに慣れてきたかな?と感じたら、機嫌の良い時に歯ブラシを使って歯みがきに挑戦してみましょう。機嫌が悪い時に無理に歯みがきをさせると余計に歯みがきが嫌いになってしまいます。歯みがきを毎日の習慣にするためには、歯みがきの後にたくさん褒めてあげることも大切です。このように、はじめての歯みがきは根気強く慣れさせることが重要なポイントです。

歯ブラシ選びのポイント

はじめての歯みがきに適した歯ブラシ

はじめての歯みがきでは、歯ブラシ選びも重要なポイントです。赤ちゃんの歯は小さくてとってもデリケートなので、ヘッドは小さいものを選びましょう。毛が固い歯ブラシや先のとがった歯ブラシは赤ちゃんが痛がってしまうため、毛が軟らかいものを選ぶことが大切です。

最近では、はじめての歯みがきにおすすめの歯ブラシもたくさん販売されています。例えば歯ブラシの柄にリングが付いているものであれば、喉に歯ブラシが当たるのを防いでくれます。また、歯ブラシの柄の部分がおもちゃになっているものもあります。赤ちゃんが楽しみながら歯みがきできるため、こちらもおすすめです。

歯ブラシは2本用意すること!

歯ブラシは2本用意歯ブラシは、赤ちゃんが自分で使うものだけでなくママが仕上げに使うものも用意しましょう。仕上げ用の歯ブラシもヘッドが小さめで毛先が柔らかいものがおすすめです。赤ちゃんの歯はとってもデリケートなので、仕上げの歯みがきは優しく小刻みに行いましょう。

はじめての歯みがきでは、赤ちゃんを授乳するようにだっこして仕上げを行います。少し大きくなってきたら膝枕で歯磨きの仕上げをしましょう。この時も、歯みがきを楽しいと感じさせることが大切です。赤ちゃんの機嫌が良いときに、歌を歌いながら歯みがきをするママが多いようです。ぜひ実践してみましょう。

PR