ピルで不正出血が起こる理由は?不正出血があったら病院を受診しましょう
92views

ピルで不正出血が起こる理由は?不正出血があったら病院を受診しましょう

ピルで不正出血が起こる原因には様々なものが考えられます。ピルを服用したばかりの期間は不正出血が続きますが、服用を続けると不正出血がなくなっていきます。またピルを服用することによって女性ホルモンが増えすぎて内膜出血が起こる場合もありますので、何か異常を感じたらすぐに病院で診てもらいましょう。

ピルで不正出血が起こるのは一体何故?

ピルの役割

ピルの役割

ピルの役割は、避妊をする役割以外にも、生理痛を緩和する役割や、ホルモンのバランスなどを整えてくれる役割があります。ピルには女性ホルモンが微量入っており、身体に有害なものではありません。

ピル服用中でも少量の生理が毎月訪れます

ピル服用中でも少量の生理が毎月訪れます

ピルを服用している間は、イメージとしては、生理は絶対に来ないから大丈夫なはずだと思っていらっしゃる方もいるかもしれません。

しかし実際には、少量の生理が毎月訪れます。ピルを服用することによって、排卵期や月経時のホルモン量を少なく抑えることができるため、少量の出血があるため、これは不正出血ではないかと不安に思う方もいるかもしれませんが、この場合は、生理による出血であるため、心配する必要はありません。

そもそも不正出血とは何?

そもそも不正出血とは何?

不正出血と生理との違いは一体何なのでしょうか。生理出血の場合は生理の時期にある出血であるため、心配はいりません。不正出血の場合は、生理の時期とは違うにも関わらず、出血がある場合です。また排卵日に出血が起こる排卵出血とも違います。

不正出血は何が原因なの?

不正出血の原因には、ホルモンのバランスが崩れたり、何らかの病気が隠れていることもあります。ピルが原因である場合もあれば、子宮関係の病気が原因である場合もあるため、婦人科で調べてもらう必要があるでしょう。

原因は病院で特定してもらいましょう

ピルが原因で起こる場合

不正出血がピルで起こる場合もあります。

低用量ピルを服用している期間に、ピルを何日か飲み忘れが続くと、不正出血が起こる場合もあります。また自分の体調が悪い場合は、ピルを服用しても体内に吸収されないため、不正出血がある場合もあります。便秘薬を服用している場合や、お腹が痛くて下痢が続いている場合、服用したピルの成分が体内に留まらず、排出されてしまうこともあります。

ピルの使用初めは、不正出血がある場合も!

ピルの使用期間が浅い場合には、不正出血が続く場合があります。これはよくあることで、初めて使用される3割程度の方に起こります。3シートほど飲み続けていくと、不正出血がなくなっていきます。

子宮内膜が厚くなることが原因であることも

ピルを服用することによって女性ホルモンが過剰に分泌されている可能性もあります。卵巣から分泌される女性ホルモンとピルに含まれる女性ホルモンによって、子宮の内膜が分厚くなっている場合もあります。この場合不正出血が起こりやすくなるので、異常を感じたら、病院で診てもらう必要があります。

下痢がある場合は服用を一時的にやめましょう

下痢がある場合は服用を一時的にやめましょう

お腹を壊して下痢を何度も繰り返している場合は、ピルが身体の中に吸収されにくくなるので、下痢がおさまってから一週間は、ピルの服用を一時的にやめておいた方がよいでしょう。

ピル以外の原因も考えられます

ピル以外の原因も考えられます

不正出血には、ピル以外の原因が考えられる場合もあります。考えられる病気としては、子宮がんや卵巣がん、子宮筋腫や子宮内膜症、性感染症などがあります。病気の場合には、不正出血以外にも、身体の異常を感じるものです。体調が悪いなどの変化があれば、病院で精密検査を受けてみましょう。

PR