【ママの悩み】胸を触ると痛い!原因は何?痛くなったらどうしたら良いの?
51views

【ママの悩み】胸を触ると痛い!原因は何?痛くなったらどうしたら良いの?

妊娠中や授乳中の女性の多くは胸を触ると痛いという悩みを抱えると思います。生理前にも胸が張っていたくなることがありますが、たった数日間でも嫌なのにそれがずっと続くと思うととても辛いことだとわかると思います。いったいなぜ胸が痛くなってしまうのか、痛くなってしまったときの対処どうするかまとめました。

妊娠中や授乳中、胸を触ると痛いんです・・

妊娠中や授乳中、胸を触ると痛いんです・・

妊娠中や授乳中、胸にしこりができたり、胸が張ってしまったりと何かと胸に関する悩みが増えます。

ただでさえ赤ちゃんのことで忙しいのに自分の体にかまっている暇なんてないにも関わらず、体の様々な症状には非常に困ってしまいます。いったいなぜ胸が痛くなってしまうのでしょうか?

妊娠中の場合は女性ホルモンの働きが原因!

妊娠中の場合は女性ホルモンの働きが原因!

妊娠中胸が張るというのは日常茶飯事です。

女性には卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つの種類の女性ホルモンが分泌されています。この2つのホルモンの分泌バランスが変わることによって生理になったり、妊娠のための体になったり、イライラしたりといった様々な症状が引き起こされます。

妊娠中は特に女性ホルモンの分泌が多くなるため、さまざまな症状が大きく出やすくなります。胸が張るのもこのホルモンが引き起こしているものの1つなので心配をする必要はありません。仕方がないものだと思って気にしないようにしましょう。

授乳中の場合は乳腺炎かもしれません・・!

授乳中の場合は乳腺炎かもしれません・・!

授乳中の場合に胸が痛くなるのは乳腺炎になっているかもしれません。

乳腺炎というのは胸の中にある乳腺に炎症が起こる症状のことです。母乳が乳腺に詰まることによって炎症を起こしたりしこりができたりする場合と、赤ちゃんの口の中にある細菌などから感染し乳腺が炎症を起こすものの2種類があります。細菌感染の乳腺炎の場合は、発熱を伴ったり、痛みが強い場合があるので注意が必要です。

しこりがある場合は最悪の場合乳がんの可能性も・・

しこりがある場合は最悪の場合乳がんの可能性も・・

胸を触って痛みを感じたり、コリコリとしたしこりができている場合は乳がんの可能性も視野に入れるようにしてください。

乳腺炎のしこりとの見分け方が難しいですが、乳腺炎のしこりは押してもあまり動かないのに対し、乳がんのしこりはどの方向から触ってみても動きます。また、乳がんのしこりのほうが硬いのが特徴です。完璧に見分けるというのは非常に難しいので、違和感を感じたらすぐに受診するようにしましょう。

胸の痛みを和らげるにはどうしたら良いの!?

規則正しい生活を心がける

 規則正しい生活を心がける

胸と女性ホルモンのは働きは密接に関係しています。この女性ホルモンのバランスが崩れることによって様々な症状が現れるのです。そうであれば、バランスを崩さないように生活を送れば症状は和らいでいくと考えられます。妊娠中の場合は赤ちゃんのことも考えながら規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

胸を圧迫しない

胸を圧迫しない

胸を圧迫すると授乳中の場合は母乳の生成を妨げたり、余計に作りすぎてしまったりなどトラブルにつながります。乳腺が詰まりやすくなる原因にもなるのでゆったりめの下着をつけるなど工夫をしましょう。市販でも授乳中の下着などが多く売られているのでチェックしてみて下さい。

食生活には気をつけて!

食生活には気をつけて!

脂分の多い食事を続けると、自分の体の中で作られる母乳にも脂肪分が多く含まれるようになります。そうなると母乳はドロドロになり、乳腺が詰まりやすくなり、胸の痛みに繋がりやすくなります。また、赤ちゃんの健康にも良くありません。野菜やフルーツを積極的に食べるようにしましょう。

PR