妊娠前に準備しよう!出産費用はいくらかかる?もらえる手当は?
98views

妊娠前に準備しよう!出産費用はいくらかかる?もらえる手当は?

出産費用はいくらかかるか知っていますか?出産育児一時金が支給されますが、それでも足りないことがほとんどです。また、逆に受け取れるお金もあります。出産にまつわる費用のあれこれについてご説明していきます。

出産費用はいくらかかるのかご存知ですか?

出産費用はいくらかかるのかご存知ですか?

逆に、出産によって受けられる助成や手当があることもご存知ですか?医療制度の整っている日本だからこそ、安心して出産できるよう設定されていることがあります。妊娠前に知っておきましょう。

出産に必要な費用の内訳

妊婦健診代

妊婦健診代

妊娠すると妊婦健診を受けに通院することになります。病気による通院ではないため、健康保険は適用されません。よって全額自己負担になります。

しかし、後述しますが、これは国から助成を受けられるため、ほとんど費用はかかりません。

1回の妊婦健診代は通常5000円~10000円ですが、妊婦健診の受診票(回数券)を持参すれば、基本的な健診においては無料になります。

交通費

妊婦健診を受けに行く際の交通費は自己負担になります。助成は受けられません。身体への負担を軽減するのはもちろんですが、なるべく自宅から近いところの方が出費が少なくて済みます。

マタニティグッズ

マタニティグッズ

マタニティグッズも必要になります。洋服やパジャマ、下着やガードルなどの産前衣類と産褥ショーツなどの産後衣類、母乳パッドやマッサージクリーム、ドーナッツクッションや産後サポーターなども必要です。

ベビー用品

 ベビー用品

まだ生まれてませんが、ベビー用品の準備もしなければなりません。ベビー用品は長短の肌着やミトン、カバーオールやおくるみ、スタイやエプロン、寝具類やラックなどです。授乳用品やお風呂用品、排便や爪切りなど健康維持グッズも用意します。

入院と分娩費用

出産費用の中で、最もお金のかかる部分は入院費と分娩費です。病院によって異なりますが、概ね40万円~70万円くらいかかります。

入院費とは5日から10日間くらいのベッド代と食事代、検査代などになります。個室を希望すればさらにプラス10万円くらい必要です。

分娩費とは出産そのものの費用です。無痛分娩を希望すればそれもプラス10万円くらい必要になります。

内祝い

 内祝い

出産すると、友人や親族からお祝いが届きます。お祝い金の方もいれば、品物を贈ってくれる方もいます。お祝いを貰ったら、半返しといって、頂いた分の半値分をお返しします。これを内祝いと言います。

内祝いにかかる費用は、お祝い金で賄えるはずですが、出産費用の一部として見積もっておくと良いでしょう。

出産にまつわる助成制度や手当の内訳

妊婦健診の助成制度

妊娠したら、お住まいの市町村へその旨を報告に行きます。すると母子手帳とともに妊婦健診が無料で受けられる受診票をもらうことができます。妊婦健診は14回くらいあり、全てが無料になる地域もあればそうでない地域もあります。受診票が足りなくなった場合には自己負担になります。

出産育児一時金

健康保険に加入していれば、出産一時金といって42万円をもらうことができます。ただし、現金をいきなり受け取れるのではなく、健保から出産する病院へお金が振り込まれるという形が原則です。出産費用が42万円以上かかる場合は、自己負担になりますし、42万円以下であれば、余った分は後日受け取ることができます。

児童手当

赤ちゃんが生まれたら、児童手当を受けられます。お住まいの市町村に申請してください。3歳未満までは15000円です。4か月に1回、まとめて振り込まれます。

医療費控除

出産費用自体は保険の適用外になりますが、産院までの交通費や自己負担した健診代などは医療費控除の対象としてみなされます。家族全体で一年間にかかった医療費が10万円を超えた場合には還付金を受け取れるため、レシートを保管しておき確定申告をしましょう。

失業給付金

妊娠や出産で退職する場合は、失業保険によって勤務当時の6割分を受け取ることができます。

出産手当金

健康保険に1年以上加入していて、退職後半年以内に出産した女性へは出産手当金が支払われます。

医療保険

医療保険へ加入していた人は、早産などで入院したり帝王切開で出産した際に保険金を受け取ることが出来ます。多くは妊娠前に加入することが条件なので、事前に調べておきましょう。

PR