妻が妊娠中の夫にして欲しくないことって?妊婦はいろいろ悩んでいるんです
239views

妻が妊娠中の夫にして欲しくないことって?妊婦はいろいろ悩んでいるんです

幸せそうに見える妊婦は意外と神経質なものです。妊娠中の夫にして欲しくないこともたくさんあります。代表的な7つのしてほしくないことをご紹介します。しかし、怖がらないでください。相互理解が夫婦の絆を助けます。

妊婦は意外とナーバス

妊娠中の夫にして欲しくないこととは?

妊娠中の女性というと多くの男性は「幸せそうでいいな。」と思っていませんか。

実は、妊婦はホルモンの影響でイライラしたり憂鬱になることもありますし、体調の変化で悩んでいたり、出産や産後の不安で押しつぶされそうになっていて意外とナーバスなんです。

残念ながら、妊娠中の夫にして欲しくないこともいろいろあります。

妊娠は病気ではない

「妊娠は病気ではない」というのは妊婦自身が言うのなら良いのですが、周りの人が言っていい言葉ではありません。

悪阻や体重の増加、ホルモンバランスの変化などで外から見えなくても本人は辛い思いをしていて顔に出していないだけということがよくあります。
なるべく労わるようにしましょう。

外見の変化を指摘する

妊娠中のスキンシップは妊婦にとって嬉しいものですが、何気ない夫の一言に傷つくこともよくあります。

初めての妊娠だと夫も妻もショックを受けることが多いのですが、肌が荒れたり、お腹が大きくなったり、乳首が黒ずんだり、毛深くなったりと容姿が劇的に変わってしまうことがあります。
女性である妊婦さんも自分でショックを受けていますし、これらの外見の変化は産後半年も経てばほとんど元に戻ります。

外見の変化にはポーカーフェイスで対応しましょう。

タバコを吸う

愛煙家は要注意。悪阻のときは煙草の匂いで気分が悪くなることもありますし、副流煙は胎児にとって有害です。生まれてからの赤ちゃんにも乳幼児突然死症候群のリスクが上がるなどの害があります。

この機会に禁煙しましょう。どうしても無理な場合は妻の前でタバコを吸うのは控えてください。

勝手に妊娠を言いふらす

嬉しいからと言って勝手に妊娠報告をするのはよくありません。特に流産の危険性の高い初期はまだ誰にも言いたくない妊婦さんも多いもの。
特に夫の実家への報告の時期は二人で話し合ってからにしてください。

家事を押し付ける

できれば家事は分担してくれると嬉しいのですが、家事を押し付けるのは避けましょう。重いものを持たせたり、高いところのものを取らせるのは流産の原因となる可能性もあります。つわりのときに食事の支度やゴミ処理が辛いこともあります。

浮気をする

妊娠中の夫にして欲しくないことというか問題外ですね
妻の妊娠中に浮気をする男性は意外と多いものです。セックスレスや妻の変化、父になるプレッシャーなどが原因といわれています。男性としては妊娠中だけと思っていても女性は一生苦しみます。

知識を振りかざしてあれこれ口出しをする

妊娠中の妻にはあれこれ口出ししたくなる夫も少なくありません。しかし、妊娠は女性によって千差万別です。

正しい口出しだとしても、体調や精神状態によってわかっていてもできていないだけかもしれません。まして、それが古い知識だったり個人的な経験だったりしたときには妻のイライラはマックスです。

家に寄り付かなくなる

妻が妊娠していると、家の中が荒れていたり、妊婦本人がイライラしていたりして、帰宅の足が遠のく男性も少なくありません。

時々ならいいんです。妻も一人でリラックスしているのかもしれません。しかし、妊娠中にあまりに家に寄り付かなくなると不安や不満の原因となります。

不満の原因はディスコミュニケーション

妊娠中の夫にして欲しくないことをしないためにコミュニケーション
妊婦の夫に対する不満の大きな原因はコミュニケーション不全です。妊娠中の相手への無視や無関心、逆に自分の思いだけを押し付けることが夫婦の危機へとつながります。

妊娠中の夫に求められるのは妻との相互理解なのです。

PR