妻が本当に妊娠中の夫にして欲しいことって?手伝いや贈り物よりまず●●!
179views

妻が本当に妊娠中の夫にして欲しいことって?手伝いや贈り物よりまず●●!

妊娠中の夫にして欲しいことって何でしょうか?初めての妊娠で男性も戸惑いや不安が大きいものです。あれをしなければいけない、これをしては駄目と不安に思いすぎず、ちょっとした心がけで妊婦の心を癒してみませんか。

妻が妊娠中の夫にして欲しいことって?

妻が妊娠中の夫にして欲しいこと

パートナーが妊娠すると男性も嬉しいものですが、考え出すと怖くなる、妻が妊娠中の夫にして欲しいこと。
女性の目線から夫に頼みたいことにはどんなことがあるのでしょうか。
怖がる必要はありません。上位に入るのは大変なことでもお金がかかることでもなく、ほんのちょっとした気遣いばかりなのです。

おめでとうの気持ちは素直に出す

シャイな男性やクールな男性は本当は飛び上がるほど嬉しくても、喜びや感謝の気持ちが素直に出せないものです。普段はそれで構いません。奥さんはそんなあなたを好きになったのですから。
しかし、妊娠中は違います。妊娠中の女性はホルモンの関係でナーバスになりやすいものです。夫の態度はマタニティブルーの要因の一つにもなります。
妊娠中は喜びや感謝の気持ちを少し大げさなくらいストレートに出すようにしましょう。

妊娠や出産に対して正しい知識を持つ

妊娠や出産に対して正しい知識を持つ
赤ちゃんは夫婦2人の子供です。
妊娠や出産に対する誤解や偏見は妻の気持ちを傷つけたり、妻本人の間違ったケアに繋がることがあります。
妻が妊娠したら妊娠や出産に対して少し勉強しましょう。
ただし、人に聞いた噂や、情報源のあやふやな記事などはかえって害になることも少なくありません。
育児雑誌や父親教室、信頼できるインターネットのサイトなどから情報は得ると良いでしょう。

容姿や性格の劣化、家事のサボリなどで責めない

妻を手伝ったり、何かをプレゼントされるのも嬉しいのですが、それ以前に、まず妊娠後の変化で妻を責めないことが大切です。
女性は妊娠中は悪阻や大きくなるお腹、ホルモンの変化などで妊娠前と同じような行動が取れません。
化粧が薄くなった、怒りっぽくなった、家事に手を抜くようになったことを責めないと妻は助かります。「無理しないでね。」の一言があると妻は喜びます。

一緒にいる時間を増やす

妊娠中の妻への最大のプレゼントは一緒にいる時間を増やしてくれることです。妊娠中の女性は不安がいっぱい。夫が隣にいてくれるととても心が安らぎます。
なるべく早く帰宅したり、休日一緒に増やす時間を増やすと喜ばれるでしょう。
どうしても一緒にいる時間が増やせない多忙な方は、いつでもすぐに連絡が取れるようにしてください。妊娠中は何が起こるかわかりません。妻の気持ちの問題だけでなく、万が一の場合の備えにもなります。

産後の計画を立てる

備えあれば憂いなし。安定期に入ると女性は産後の準備や不安でいっぱいいっぱいになってしまいます。しかしこれは家族の問題でもあります。
産後の計画は夫婦で立てましょう。お金の問題や、産後の人生設計などは早めにクリアしておかないと生まれてから夫婦が産後クライシスに陥ることも。
妻だけに抱え込ませず、夫も積極的に出産の準備や産後の計画に関わりましょう。
ただし、あまりに夫主体になってしまうとそれはそれで押し付けになってしまうこともあります。二人でよく話し合って楽しい計画を立ててください。

大切なのはあなたの愛情

大切なのはあなたの愛情
不安と多忙と体調の変化で押しつぶされそうな妊婦を支えるのは、結局は夫の愛情と思いやりです。妊娠中は妻とよくコミュニケーションを取ってあなたらしい愛情を素直にしっかり表現してください。

PR