汗をかく夏までには知っておきたい!汗の臭いを防ぐ食べ物、臭くなる食べ物について
147views

汗をかく夏までには知っておきたい!汗の臭いを防ぐ食べ物、臭くなる食べ物について

いよいよ間もなく暑い夏がやってきます。夏はどうしても汗をかきますね。そんなときに自分の汗のニオイって気になりませんか?そこで、汗の臭いを防ぐ食べ物、臭くさせる食べ物についてまとめました。実は、食べ物を気をつけるだけでも、かなり臭いは防ぐことが出来るんですよ!

まずは汗の仕組みを知ろう!

汗は本来無臭

汗が臭うと思われがちですが、実は、汗は無臭なのです。では一体なぜ汗が臭うのでしょうか?

人間には2種類の汗腺があり、ひとつが「エクリン腺」と言い、全身にある汗腺です。この汗腺から出てくる汗は、ほぼ水分であります。

もうひとつが「アポクリン腺」という汗腺です。この汗腺は、脇や足の裏などに存在し、この汗腺は水分の他にタンパク質などを分泌させています。このアポクリン腺から分泌される汗自体も全く無臭です。

では一体なぜ汗は臭いの!?

2つの汗腺から出てくる汗そのものには全く臭いがありません。では、どうして汗は臭いのでしょうか?

肌に存在している細菌である皮膚常在菌がアポクリン腺から分泌されるタンパク質や皮脂を餌にしているからです。皮脂だけでは臭いは発生させることがありませんが、汗に含まれているタンパク質を皮膚常在菌が食べた食べカスが臭いを発生させるのです。

臭いの原因は体から分泌されるタンパク質にあった!

汗の臭いを誘発させる食べ物と言えば、そういったタンパク質を多く含んだものになるでしょう。

では、逆に汗腺からのタンパク質の分泌を抑える食べ物が汗の臭いを防ぐ食べ物と言えるでしょう。

タンパク質を食べないようにするのではなく、臭いのもととなるたんぱく質を汗から分泌させるのではなく、便や尿と共に体外に排出させてくれる食べ物を食べることがポイントです。

フコダインを含む海藻類

海藻類には臭いを吸収してくれる効果がある
もずく、めかぶなどの海藻類は、食物繊維が豊富な上に、臭いを吸収してくれる効果があります。ですから、臭いのもととなるたんぱく質を、臭いとともに便として排出してくれるのです。

腸内環境を整え、さらに良質なたんぱく質が豊富な納豆

納豆は腸内環境を整えるので悪臭のもとを排出できる

納豆は、良質なたんぱく質です。さらに、腸内環境を整えることができるために、便と一緒に臭いのもととなるタンパク質を排出します。もちろん、納豆のタンパク質は、そこまで悪臭となる臭いのもとにはなりません。

レモンや梅干しなどのクエン酸が豊富なもの

酸っぱい食べ物は汗の臭いの原因となる乳酸を抑えるクエン酸が入っている

レモンや梅干しなどの酸っぱい食べ物には、体内の乳酸を抑制させる効果があります。

この乳酸というのは、本来なら肝臓できちんと分解されて尿と一緒に排出されるのですが、疲れが溜まってきたりすると、その乳酸の分解が追い付かなくなり、分解されなかった乳酸が汗と共に体外に排出してしまうのです。そのために汗の臭いの原因となります。

つまり、この乳酸の抑制をする効果がクエン酸であり、さらにこのクエン酸は疲労回復に効果があるために、一石二鳥の効果が期待されます。

野菜をたくさん食べよう!

577832dc7468f458386ab3e2eefb8a59_s
食物繊維が豊富で腸内環境を整えるためには、野菜をきちんと摂ることが必要です。野菜は、動物性たんぱく質をきちんと消化させてくれます。

野菜中心の食生活に切り替えるだけでも、体臭を抑えることができます。

食べ物を気をつけるだけで臭いは抑えられる!

食べ物を和食中心に変えるだけでも、臭いを抑える効果があります。

実際に、日本人は今まであまり汗の臭いは気にならなかったのにも関わらず、最近の食べ物の欧米化に伴って、脂っこいものを食べるようになって臭いについて注目するようになりました。

つまり、野菜中心の和食にするだけで、臭いを防ぐことができます。

PR