えっ?楽しいはずの旅行で、旅行者血栓症になると死亡も!エコノミー症候群の症状と予防法とは
86views

えっ?楽しいはずの旅行で、旅行者血栓症になると死亡も!エコノミー症候群の症状と予防法とは

エコノミー症候群の症状と予防法は、エコノミー症候群は、長期間飛行機などの乗り物に乗って、動かない状態でいると肺血栓症になり、最悪、死亡してしまいます。予防のためには、身体を動かしたり、脚を中心にをマッサージしたり、こまめに水分を補給することが大切です。

エコノミー症候群の症状と予防法とは

エコノミー症候群の症状

楽しいはずの旅行が、飛行機着陸後に死亡という悲しい結果になってしまうこともあります。空港内にある病院では、このエコノミー症候群の患者が、飛行機着陸後に救急で運ばれ、数時間後に死亡してしまう事例が年に何件か起こっています。
旅行者血栓症とはエコノミー症候群とも言われています。この病気は、長期間座っていることによって、下半身の血液の流れが悪くなり、血液濃度も高くなってしまいます。すると、下半身の血の流れが悪くなってしまい、血管が詰まり、血栓が出来てしまいます。この血栓が肺に流れ、肺の細い血管にたどり着き肺の血液の流れをとめてしまう肺塞栓症になってしまうのです。
エコノミー症候群の症状と予防法は、飛行機だけではなく、長期間座った状態の新幹線や高速バスでも同じような症状が起き、予防法は、こまめな水分補給と足のマッサージしかありません。

災害避難地でもエコノミー症候群で死亡した例も

災害避難場所でも、このエコノミー症候群で死亡した例もあります。また避難場所に入れず、車の中で生活を続けた方が、エコノミー症候群で死亡した例もあります。原因は、災害避難地では、トイレの数が少なく、またトイレの衛生状態が悪かったため、トイレを我慢するために、長期間水分を飲まないようにしていたことと、狭い場所で同じ体勢をとらなければならなかったことが挙げられます。

なりやすい傾向の人がいます。

エコノミー症候群になりやすい人は、糖尿病の持病がある人、肥満傾向にある人、中高年以上の人、下肢静脈瘤がある人、タバコを吸う人、背が低い人がなりやすい傾向があります。

脱水症状にならないように気をつけて!

エコノミー症候群の注意点

エコノミー症候群の予防法はとにかく水やお茶などをこまめに飲むことが大切です。長期間のフライトや新幹線や長距離バスの移動の場合、やはりトイレが気になるものです。ここで水分を取るのを止めてしまうと、血液の流れが悪くなり、また粘度のある血液になってしまうため、肺に血栓ができやすくなってしまうのです。トイレに行きやすいように、あらかじめ通路側の席を予約しておくのもよいでしょう。
また乗り物にのっているときには、なるべくアルコールは飲まないようにしましょう。アルコールを飲むと利尿作用や発汗作用があるため、脱水しやすいからです。

トイレにこまめに立つだけで予防できる

エコノミー症候群の予防

エコノミー症候群は長期間、座席などにじっと座っていることが原因で起こります。そこで予防のためには、トイレにこまめに立ちましょう。

マッサージで予防しましょう

エコノミー症候群は、座った状態で足をマッサージすることによって予防することができます。また足首だけ伸ばしたり、曲げたりするだけでも、足に血液を送ることができるため、血栓予防につながります。

飲むのであればイオン飲料がおすすめです

長時間、乗り物に乗るのであれば、水やジュース、お茶よりもイオン飲料を持ちこむのが一番です。イオン飲料を摂取した方が、血液濃度が濃くならず、また血液の粘化も防ぐことができるからです。10時間飛行機に搭乗した場合、ミネラルウォーターを飲んだ場合と、イオン飲料を飲んだ場合では、イオン飲料を飲んだ方が、排尿量が少なく、体内に残る水分量も多いということが判明しています。
飛行機だけではなく、長期間乗りものに乗る場合、避難場所で長期間過ごす場合にも、イオン飲料を飲んだ方が、エコノミー症候群を予防することができます。

PR