授乳期乳がんの検診は受けるべき?授乳中の気になるしこりは大丈夫?
683views

授乳期乳がんの検診は受けるべき?授乳中の気になるしこりは大丈夫?

授乳期乳がんは検診を受けて発見することができます。ただし授乳中は検査法によってはわかりづらいものもあるので、結果がきちんとわかる方法を選びましょう。ここでは授乳期に気になるしこりについて考えられる原因や検査方法などを紹介します。

授乳期乳がんは自分では分かりにくいことも

自分の乳房だけどいつもとは全然違う授乳期
授乳中は妊娠前とは全く違った状態になる乳房なので、それまでは感じられなかったしこりをみつける場合があります。

それが乳がんによるのかそれとも母乳がたまってしこりになっているのかを自分で触って確かめるだけでは難しいかもしれません。もし気になるしこりがある時は、産婦人科や乳腺外来でみてもらいましょう。

授乳中でもできる検査

授乳中でも乳がん検査として超音波を使ったエコー検査ができます

乳がん検査のひとつ、超音波を使ったエコー検査があります。この方法なら、触診以上に細かい部分までチェックできるうえX線を使わないので授乳中でも安心して検査が受けられます。

マンモグラフィーはなぜいけない?

マンモグラフィーでの乳がん検査はX線を使うので授乳中には不向き

乳がん検診といえば有名なマンモグラフィーがありますが、こちらの場合はX線を使うので授乳中には不向きです。それに授乳中の乳腺が発達した状態では正確に診断することが難しいのでエコー検査の方を選ばれます。

ちなみにマンモグラフィーは授乳中でなければ小さなしこりまで見つけられる画期的な検査法として浸透しています。

授乳中にできたしこりの原因は?

食事からくる母乳の詰まり

授乳中あまり脂っこい食事だと母乳が濃くなったりつまりしこりが出来たりします

授乳中に脂っこい食事や甘い物をたくさん食べてしまうと母乳が濃くなりつまりやすくなります。つまってしまうとそこに母乳がたまって硬くなりしこりになってしまうことも。しこりができると炎症になる熱をもったり痛みが出たりします。

疲労からくる母乳の詰まり

新生児のお世話は24時間でその上授乳をしていると体力がかなり奪われるもの。そこへ「家事もしなくては」と一生懸命頑張りすぎると疲労から母乳が詰まってしまうことも。それから抱っこの仕方によってもその可能性はあります。

疲れた筋肉は緊張して硬くなり、すると血液の巡りも悪くなります。それは母乳の出にも影響するため出にくくなった母乳がたまり、悪い時にはしこりになって炎症や痛みを起こします。

乳がん

母乳の詰まりもなく炎症や痛みがないしこりがある場合には乳がん検診をしましょう

母乳の詰まりもなく炎症や痛みがない上、時間がたってもなくならない気になるしこりがある時は一度エコー検査を受けてみましょう。

もししこりの原因が母乳によるものであれば時間と共にしこりが消えたり場所が変わったりします。授乳中であることを病院で伝えて検査を受けると安心です。

もし乳がんにかかっていて授乳すると?

母乳に大量のがん細胞が混ざっているということは通常あり得ません。もし混ざっていたとしてもその場合母乳が全く違う色になるのですぐに気付けます。

また、少量のがん細胞が混ざっている程度なら赤ちゃんの胃の中で消化されるので害はありません。なので、乳がんにかかっていても授乳を続けることは可能です。

乳腺の専門科「乳腺外来」でできること

乳腺外来は総合病院だけでなくクリニックにも設置しているところが増えてきました。なので比較的検査に出かけやすくなったといえます。

ここでは自覚症状のない人の検査を行っていますが、しこりなどの自覚症状がある場合には保険診療での受診になります。

母乳外来との違い

母乳外来は、母乳の出や乳腺炎など授乳に関することを専門にみる外来なので乳がんの心配がある時は乳腺外来の受診をおすすめします。

もし先に母乳外来を受診してあらゆる処置を行っても改善が見られないなどの場合は検査をすすめられることもあるでしょう。

PR